スポンサーリンク

「半農半X」という生き方・循環型社会とコミュニティ

SNSフォローボタン
スピリチュアル・霊性

みなさんは理想の生活をお持ちでしょうか?

私が最近、自分の理想だな〜と思う生活スタイルに

半農半X」というものがあります。

文字通り、半分は農業をして、もう半分、『X』は自分の好きなことをミッションにするというライフスタイルです。

↓塩見直紀氏が20年以上前に提唱してきた生き方です。

詳しくは塩見さんの著書あるいはこちらの記事【幸せ経済社会研究所:半農半X】をご参照ください。

私が「半農半X」のことを知ったのは滝沢泰平さんのブログもしくは著書になります。

滝沢さんはすでに八ヶ岳でこれからの時代の在り方そのものを体現されている方です。循環型社会、コミュニティ、持続可能資源……..。そういった地球と共生していく在り方を、現代に生きる私たちの道標として示してくださっています。

滝沢さんのYoutubeチャンネルはこちら↓

一般社団法人キブツ八ヶ岳について

今年から「キブツ=イスラエルの共同体コミュニティー」八ヶ岳というコミュニティーのメンバーも募集されています。

滝沢さん以外にも全国的にこういったコミュニティーが始動しはじめています(白鳥哲さんの恩送りコミュニティなど)。シェアしながら互いを支え合い、循環していく。こういったコミュニティが全世界でたくさん増え、さらにそのコミュニティー同士も支え合い、地球全体が連携していく。

これからはピラミッド型の社会から丸い、循環型の社会へと変化していきます。これは経済も含めて食糧やエネルギーなどにおいてもそのようになっていきます(もちろん私たち一人ひとりの意識次第ですが🐋)

ドーナツ経済学(MAYIM集会)vol.1

そしてそれはこれまでの「家族」や「地域社会」という形に限定されたり、縛られたりするものではなく、波長の合う仲間同士が無理なく、互いの個性を尊重し合いながら調和的に過ごしていくということでもあります。

都会であっても、田舎であってもそのような形に収まっていくと思いますし、そのあり方も規模も多種多様になるでしょう。

そんな中で、先述しましたように私が理想とするのが『半農半X』という生き方です。小さな畑を持って、自分たちで食べるものは自分たちで栽培する(無農薬、無肥料の自然栽培)。余った野菜はシェアする。小さな畑で栽培できないものは地域のものを地域の方から買う(身土不二)。そして、残りの生活は好きなことをやって生きる。

まだまだベーシックインカムの導入などは先になると思われますので、ある程度のお金を必要とする社会は続いていきます。ですから収入源となる仕事が必要になりますが、その仕事が自分の心とぴったりマッチするものであればいいなと思います🦄・:*+.(※もちろんお金はエネルギー、豊かさの象徴でもあるので別に悪いものでもなんでもありません😎、沢山あったって素敵ですよね)

全員がそれぞれの個性を生かして生きていく、そんな時代が来ると思いますし、それを実現したいのであれば、自ら動いていかなくてはなりませんよね!

一人ひとりが、必ずその人にしかない素晴らしい個性を持っているんですから🥳

何かを始めてみて失敗したっていい、途中でやめたっていい、時間を置いたっていい、何もしない日があったっていい、それもこれも全て大切な学びなのだから!というスタンスで興味のあることにチャレンジしてみるのもオススメです☺️(私は3日坊主なところがありますが……色々と手を出してみて続けられること、本当に興味のあることも見つかってきたように思います笑)

最近始めた家庭菜園(ベランダでちょこっと)も、スイスにいる間に少しでも土と植物に触れる経験をしてみたい!と思ったからです🥕

実際、もう少し規模を大きくしてみたいな、という意欲も湧いてきましたし、何よりも毎日彼らの成長ぶりを見るのがとても楽しみです🌱

ですから、ご興味のある方は是非プランターからでも良いので小さく自分農園をはじめてみてください!きっと新しい発見があるかと思います。

最近はシェア菜園というものも見聞きするようになりましたね!自分の土地を持たずともそんな風な形で色々なものをシェアできる社会が広がったら素敵だなと思います。

私自身、小規模から少しずつ理想とする「半農半X」というライフスタイルを実現させていけたらなと思います🌍

そしてそんな情報発信をしていけたらなとも思います☺️

本日もお読みいただきありがとうございました🕊

段々と暖かくなってきましたね!体調の変化にはくれぐれもお気をつけ下さい。

皆さんに感謝と祝福を🌸

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました