スポンサーリンク

エルミタージュ(英式庭園)へ週末ハイキング【スイス🇨🇭バーゼル】

SNSフォローボタン
スイス旅行記

Gruezi!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は最近ブログ、Youtube、Kindle読書、オンライン家庭教師、アプリ英会話………と全てにおいてPCまたはスマホとにらめっこしているので眼球の疲れがすごいです。朝起きると目元がとっても浮腫んでいます。あと乾燥しています👁⚡️⚡️

ですので土日は意識的にPC、スマホと距離を置いてボーッとしてみました。以前まではTwitterやYoutubeが主な情報源だったのですが、最近は程々にして見るのほとんどをやめてみました。

何にも考えずに過ごすのも大切だな〜と思う今日この頃です。情報デトックス、ですね!特に、土日は陽が燦々と差してとても気持ちのいい二日間でした🌞・:*+.

さて本日はその一環として近場でハイキングしたお話です🥾

スポンサーリンク

Arlesheimにある廃城・Ermitage

Arlesheim(アーレスハイム)はバーゼル郡にある地区の一つで、

☝︎こちらの大聖堂は国の重要文化財に指定されています。そんなことはつゆ知らず、綺麗な聖堂があるナ〜、と大聖堂は遠目にしか見てきませんでした(笑)

アーレスハイムにあるErmitage(エルミタージュ)は1785年に開園したイギリス式庭園で、広さはおよそ40ヘクタールに及びます。

なんとスイスで最古(新石器時代)の墓地も発見された場所でもあります。

園内には人工滝、庵、ダイアナ洞窟、廃墟(テンプルドゥラムール)、アポロ洞窟、吊橋、そしてプロセルピナ洞窟があり、かつては池にワニもいたそうです🐊

ただし、1792年の終わり、フランス革命に感化された人々は貴族の権威に反抗し、エルミタージュの一部に火を放ちました。そしてフランス軍による破壊によりほぼ破壊されてしまったのです……..。

ということで現在観ることができるのは1812年に再建されたエルミタージュ、なんだそうです!

参考:Wikipedia

そんなこともつゆ知らず、今回はただ「廃墟(廃城)」目指してハイキングしてきました(笑)確かに途中上記の洞窟や吊り橋、凍結した池などがありました…….!う〜ん、やはり歴史的背景をちょっと探ってから行くと感じ方も違ってきたかもしれませんね!それでもなお、素敵なところでした✨

バーゼルSBBから40分ほどで到着。

バーゼル中央駅(SBB)から10番トラムに乗車し、20分ほど乗った処にある「Arlesheim, Dorf」駅で下車します。

そこからは徒歩でエルミタージュまで向かいますが、小さな街を抜けて1キロほど歩くと到着します。

アーレスハイムの街章。

とっても可愛い街並みで、こぢんまりとした雰囲気も素敵でした。日曜ですが、テイクアウトのカフェも営業していました。

屋外でカフェを楽しむ人。

ホワイト×ラベンダーの配色が夢かわいい建物。

ピンクの門とグリーンの木枠がかわいいお店。

ヨーロッパカントリーな風景。

馬の像と赤色が素敵なレストラン。馬の像が所々にあったので馬が沢山いるのかも?

ちょっとした畑のような所に芽キャベツが……!初めて見ましたが結構迫力がありますね!

隣には無料のお手洗い。こんな感じの公衆トイレはこちらではあまり見かけないので有り難かったです🚻✨

途中、ワイン工場や牧場があり、他の季節も楽しそうだな〜と思いました。

寒空のドナルドちゃん。

また、トラムにソリを持って乗っている家族連れが何組かいるな〜と思っていたら、ちょっと丘になっている場所でソリを楽しむことができるんですね!沢山の子連れのご家族たちで賑わっていました。

先日行ったヴァルテンベルグはそんなに人が居なかったのに対し(同じ日曜でも)、アーレスハイムは観光客でとても賑わっていました。有名な観光地のようですね。

エルミタージュを散策

あとは園内を好きに散歩するだけです!

ただ、冬場ということもあり、路面が凍結していたり、ぬかるんでいたり、場所によっては傾斜がきつかったりするのでやはりトレッキング用シューズが好まれます。

色々な行き方があるようでしたが、私たちは適当に塔を目指して歩きました。

園内の様子。犬の散歩や写真撮影している方がちらほら。奥には凍結した池が見えています。綺麗な川も流れていました。

橋。

独特な形のお家。今度行きたいと思っている「ゲーテアヌム」の建築と似ている。

噴水。

あんな所に十字架が……..✝️

美しい石碑。

文字が刻印された岩。綺麗に彫りますね……。

テクテク。よそ見をすると危ないポイントがいくつかありました。

ちょっとドキドキする橋。

洞窟。穴が沢山ありました。「洞窟内部は強い大気光を放つと言われている」と後から知ったのですが、確かに空気は良かったです(笑)

洞窟に続く階段。夏は気持ちよさそう。

頂上に近づいてきました。

綺麗な茅葺き屋根の東屋。

お城が見えました🏰!

「Schloss Birseck」ビルセック城。5月中旬~9月末までは内部見学もできるそうです(毎週水・日14時~17時)。

12世紀半ばに建設されたビルセック城

なんと今からおよそ800年前に建てられたというから驚きです(上のスケッチは17世紀のもの)。一時は司教の宿舎として使われていたそう。2000年に改修工事をしたそうです。

ちなみに隣には「Reichenstein(ライヒェンシュタイン)城」があり、確かに見えていたのですが、とりあえず人のいる方に来たので、次回はそちらにも行ってみたいと思います(笑)他にもアーレスハイムには2つの城、つまり合計で4つの城が建っていたそうですが、現存しているのはこのふたつのようです。

修復の面影が見える城壁。それにしても重機も何もない頃に建設したと思うと………凄いですね。

中も気になります!一番上には風見鶏らしき真っ白な鳥さんが。

城横にあった岩のベンチ。カントンマークのような模様が。

お城からの眺め。遠くに大聖堂が見えます。

小窓。

洞窟。ここにも文字が彫られていました。

さて、降りてきた所には人工池が。つららが凄いですね…….!

駅に戻る道。カントリーな平屋がかわいい。横には綺麗な小川が流れていました。

反対側からぐるっと回る人たちもいるようでした。

終わりに

ということで、12時過ぎに家を出て16時前には満足して帰宅できた、とても良いプチハイキングになりました。

英式庭園とのことで、春になるともう少しお庭も楽しめるのかもしれませんね💂‍♂️♠︎🃏🐇♦️

川のせせらぎや鳥の鳴き声にとても癒されました🕊・:*+.

浄化されますね〜☺️

大聖堂や街の雰囲気をもう少し楽しみたいな〜と思ったので暖かくなったらまた行きたいと思います🌱

皆さんもバーゼルにお越しの際はぜひ!

本日もお読みいただき、ありがとうございました🥳

本日の一曲は……….

Classical Music for Reading – Mozart, Chopin, Debussy, Tchaikovsky…

読書のためのクラシック音楽です🎻🎼♬♩♫*・・*:.*

そういえば、並木さんはfm横浜で「言ったもんがちだもん」(榊原郁恵さんなども出演)というラジオ番組をされているのですが(スイスでは聴けない)、そこでクラシック音楽を聴くと浄化作用があると言っていたそうです、確かに良き周波数ですよね!

皆さんも心地よいと思う音楽を聴いたりして、自分軸に沿ってマイペースにお過ごしください🐢💚・:*+.

それではまた。

コメント

  1. エリカ より:

    また行きたい場所が一つ増えました✨
    毎度写真が綺麗で魅力的です☺️
    (トイレもあるようで安心!笑)

    エルミターゲは初めて知りましたが、もう少し南にいったSeewenと
    いう村に行ったことがあります。
    長閑な村なのですが大きなオルゴール博物館があってとっても良いところでしたよ😊
    (クラシック音楽で思い出したのでご参考までに…ご存知でしたらすみません💦)

    • opon opon より:

      エリカさん🌷

      いつもありがとうございます🥰
      暖かくなったらもう少し自然も楽しめると思うのでオススメです🏰
      (トイレ綺麗でした笑!)

      Seewen、初めて知りました!とっても素敵な村ですね🦢
      グーグルの写真で既に癒されました笑
      バーゼルからもアクセスが良さそうですし、今度行ってみたいと思います♩
      ありがとうございます😊

タイトルとURLをコピーしました