スポンサーリンク

宇宙人、スピリチュアルと出会うまで【その3】

SNSフォローボタン
スピリチュアル・霊性

こんにちは🦊🌻

本日は「宇宙人」についてお話し行きたいと思います。全く興味のなかった方には信じ難い話になると思います。実際私は顎が外れるくらいビックリしました(笑)

是非お楽しみ頂ければと思います👽

スポンサーリンク

宇宙人、高次元の存在たちby コーリーグッド

ではですね、いよいよ第3弾、「宇宙人」の話題に入りたいと思います。

宇宙人自体は、この広大な宇宙銀河のどこかに存在することは確かなこと、ですよね。ただ、地球上に来ているのかどうか、とまで言われると再びオカルティックな話題になってしまうのが現状かと思います。

ではなぜ、宇宙人の情報にたどり着いたかと言うと、「陰謀論」を追っていくと必ずと言って良いほど出会うんですね。前回に引き続き「陰謀論パート2」を書こうと思ったのですが、長くなる上に余りにも悍ましい内容が含まれますので、省略することにしました。

どのような陰謀論かと言いますと、そう、「トカゲ人間が地球を支配している」と言うものです🦎

耳にしたこともある方もいると思いますが(レプティリアンと検索すると色んな写真が出てきます)、到底信じられないですよね(笑)

私は当初、全く信じなかったのですが………….

コーリーグッドさんの動画に出会い、天と地がひっくり返るくらいの衝撃を受けました(笑)

☝︎コーリーさんのサイト

コーリグッド(Corey Goode)さん(ツイッターアカウント→https://twitter.com/coreygoode)は、高いエンパス能力を持ち、幼少期より米軍の秘密組織で働いていた方です。詳しくは「Sphere Being Alliance」の紹介ページをご覧ください。

驚きの真相!Part1 宇宙連合・軍の地下組織・人類のDNAのルーツ Part1

米国人コーリー・グッドは、5歳の頃から宇宙人とコンタクトがあり、IE(intuitive empath)という人の感情を鋭敏に知覚する能力、優れた直感力の才能を買われ、6歳の頃からMILABという米軍の地下秘密組織に拉致され20年間働いて来た。今、自分の経験した真相を明かす。 これは2017年9月20日、スペインのMontserratで行われたUfology World Congress (世界のUFO学会議)における講義の一部です。

さる100TV,動画概要欄より

沢山の動画がUPされているので、ここで全てを正確に書き出すことは難しいのですが、コーリーさんのお話を(超)簡単にまとめますと……………….、

宇宙種族との交流
さる100TVより:ブルーエイビアン

様々な宇宙人種族との交流(特にブルーエイビアンという青い鳥人間がよく出てくる)、地底人(アンシャー:未来の地球人?)、宇宙銀河連合などとの交流を体験し、その詳細を事細かに発表(ディスクローズ)されています。実際に宇宙空間などに連れ出される場合もあるそうですが(スペースシップや上の画像に写っている青い球体に入って移動させられるようです)、

Sphere Being Allianceより :地底人アンシャー

普段は高次の存在(一般的にET、宇宙人と呼ばれる存在)たちから「ブリーフィング」と言う形で情報をもらっているようです(今は世が混乱している今、情報が錯綜し、タイムラインが読みにくいらしい)。ルッキンググラス(映画などで見る透明なガラス版)で未来を見たりもすると仰っていました。

地球内部、月、南極

また、地球は蜂の巣状になっていて、地底にも世界があるのだそう(実際に次元の相違により、人間の肉眼で見えるのかはわかりません)。南極には巨大な基地(ETたちやアライアンスの)もあり、「図書館」のような人類の過去などが蓄積された資料を見ることができる。古代マヤ族の話(石と意識だけで石製のスペースシップを動かしている、コーリーさんはその中でトラウマなどをヒーリングしてもらった)。さらに月にも宇宙種族や宇宙アライアンスの基地があり、色々な実験等が行われているそう(地球との中継地点にもなっている:これも「月は人工的に作られた衛星」として都市伝説的に囁かれていますよね!)。水棲の宇宙種族もおり、人間とともに月で仕事をしている(水槽内にて)。

さる100TVより:インナーアース(地球内部)にいる

地底人にはレプティリアン始め、人類に対し攻撃的な種族もいるそう。

さる100TV:マヤ人
真実の泉より:イルカヒューマノイド型
人類は宇宙人の遺伝子を持つ

また、人類はそもそも宇宙人により遺伝子操作されて生み出された とも(地球で実験していた)。これはアヌンナキ都市伝説でも言われていますね。人類は猿から進化したのだという、ダーウィンの進化論は誤りだったということになりますね🐒

人類は支配されてきた
さる100TVより:真ん中がレプティリアン

そして、3次元地球はレプティリアン(トカゲ人間)に支配されており、今はその最終戦争が起きている(大統領選含め)。宇宙銀河連合や宇宙人(高次の存在達)が地球人をサポートしてくれている(ただし、彼らは自ら手助けをすることは許されておらず、地球人たちが自ら目醒めることが望まれている)。クローン人間も作られている(南極や南米などに工場がある)。フリーエネルギー、量子ベッド(メドベッド)といった近未来の情報が「フルディスクロージャー」あるいは「徐々に開示」されるだろうと言う情報も受け取っている(アセンション前の覚醒のためにもそうだが、アセンション後に開示されるものもあるよう)。

人身売買

世界中で行われてきた人身売買や悪魔崇拝などについても言及されています。世界には地下施設が広く張り巡らされており、地中奥深くまで続いているそうです。

アセンション

アセンションについても色々な情報を受け取り(見せられたりもした)ポールシフト、ソーラーフラッシュ(ソーラーイベント)などの話をされています。また、アセンションのためには「目を醒ます」人間の数がもっと増えなければいけないとも。※こちらは次回詳しくお話しします。

人々の意識は大難を小難に変える力を持っている(逆に言えば人間の集合意識が天災や人災を生み出している)。地球は集合意識のグリッドによって包まれている。ただ、天災は時に地球の「膿み出し」のプロセスでもある。なども言及されていました(もっと宇宙の仕組みなどお話もされていました)

宇宙軍

米国はすでにET(宇宙人)から結成される宇宙連合と協定を結んでいる(昨年トランプ大統領が宇宙軍結成を発表しましたよね!)。軍内部でETたちと面会している様子を描写している場面もありました。


といった想像を絶する体験や情報を共有し、開示してくださっています。これだけでは断片的すぎて理解が難しいと思いますので、ご興味のある方は是非動画をご覧ください。「ラー文書」、一なるものの法則についてもご説明されていましたね(ディビットウィルコックさんと)。

また、UFOなどについては米国もそうですが、ロシアもかなり先を行っているようです。保江邦夫さんもご著書で「ロシア軍の女性官からUFOの操作方法を教わった」と書いていましたね。あとUFOに乗った話も!(笑)

ということで、色々な秘密開示をされているわけですが、特にコーリーさんが受け取り、私たちに伝えているメッセージというのは

「自分を愛し、自他を許し、波動と意識を上げなさい」

という一貫したメッセージです。秘密組織であったり、ET達の事などは人類の覚醒のために開示している部分が大きい訳で、大切なことは上記のメッセージなんですね。

他にも、この「さる100TV」の動画はとても面白いのでオススメです。「100匹目の猿現象」から取ったお名前だと思いますが、まさにそれを促す役目を担っていると思います。

翻訳してアップされている「さる100TV」の運営者、マータさんのブログ「真実の泉」はこれまでの常識を覆す情報がたくさんあげられています。ぜひご興味のある方はアクセスしてみてください🦁

※最近、米大統領選挙を受けて「ルイーズジョンソン」さんの水晶占い(未来予知)や「宇宙銀河連合からのメッセージ」などが保守系やスピリチュアル、陰謀論暴露系のアカウントによりSNSを通して拡散されていますよね!いわゆる「スピ系」ではない人たちもそう言ったことを扱うようになっているなんて、やはりコロナと米大統領戦は多くの人を覚醒させるきっかけになっているようですね。

尚、「世界緊急放送」についても色々と言われていますが、去年からずっと言われつつも、延期、延期、延期、の流れとなっており、もしかすると緩やかな情報開示になるのかもしれませんね。特に米大統領戦に関する不正、エプスタインはじめとする人身売買など、大手メディアが報じないだけで、多くの情報が開示されつつありますよね。

SphereBeing Alliance」というYoutubeチャンネルではコーリーさんのオリジナル動画をご覧になれます。

Accelerating Ascension – Video's On Demand – Corey Goode

失われた日本人と人類の記憶

そしてですね、【その1】からお伝えしている陰謀論含め日本や世界のこと、日月神示とコーリーさんへと続く一連の話は並木良和さん、矢作直樹さんのお話と見事にリンクするんですね。真理が一つであることを踏まえ、宇宙人や「神様」と呼ばれる高次元の存在たちから情報を受け取ったり、過去や未来、時に「宇宙図書館、宇宙クラウド」などと呼ばれる情報の蓄積にアクセスすることができれば、情報が一致するのは当然のことではあるのですが….!

特に、「失われた日本人と人類の記憶」という矢作直樹さん(医学者・医師)との対談本は、【日月神示】でも触れたように、日本が霊的中枢である由縁、「日ユ同祖論」の真相、人類の歴史(遺伝子操作)、日本が、国として国民としてどうあるべきなのか、などについて書かれており、

歴史の真相や人類、祖先のルーツなどについて、「都市伝説」やら「陰謀」とされているものなど、様々な論に対する疑問への回答書、「アンサー本」になっています。

ブログを書くにあたってもう一度読み直してみたのですが、既読のはずなのにまた目から鱗といいますか、あと5回は読まなくては、きちんと肚の底に落とし込まなければ、と思わせる内容でした。

今回は【その1】にて陰謀論とされてきた事柄や、【日月神示編】で触れた部分、上記のコーリーさんの情報について、こちらの本に書かれていたことと照らし合わせていきたいと思います。括弧部分に私のコメント?、補足が入っています。

支配構造から抜け出し、本来の意識を思い出すために

私たち一人一人の意識が自然災害の流れをも変える

一人ひとりの意識が天災の規模や時期などを変えていく可能性を持っている。ことを思い出す必要があります。(はじめに意識ありき。と量子力学でも言われているように、私たちの意識というのは大きな力を持つことを思い出す必要があります。世界は「集合意識」が創りだした産物なのですよね。)

これから先、真実に気づき、目を醒ます意識がもっと多く出てこなければ、地球の変容のプロセスが大きな痛みを伴うことになりかねません。(日月神示でも「大難は小難に変えられる、戦争が将棋のゲームに変えられることもできる」といった記述があります)

地球の支配構造

私たちは「コントロールグリッド」のなかにずっと閉じ込められてきたという歴史があり、貨幣経済にしてもなんにしても結局は「コントロールゲーム」なのです。つまり、貨幣経済をつくった存在たち(地球外生命体)がいるということです(こちらは【その1】でも少しご説明しました。貨幣システムは幻想、イリュージョンなんですね。世界は株式会社化され、富が異常な配分になっているのです。)。

地球は空洞で、太陽も海も存在しています。そして地底人も存在し、中には「ネガティブ」な存在もおり、攻撃性を持っています。2018年のカルフォルニア大火災、3.11、9.11も私たちの意識を下げるために起こされたものです。(3.11、9.11に関してはそれを裏付けるデータや映像も残っていますよね。)

なぜそんなことを仕組むのかというと、私たち地球人が目を覚ましていくと、彼らは私たちをコントロールできなくなってしまうからです。(戦争もなぜ起こるのか……….突き詰めていくと「金儲け」のためであることが分かりますよね)

例えばインフルエンザ(コロナウイルス)にしてもワクチンにしても人工的に引き起こされ、ワクチンを打たされていることに気づかなくてはなりません。

それによって誰が儲かるのか、何のためにしているのか。

そういったことを「陰謀」として片付けるのではなく、事実として起きているという意識を多くの人が持てば、そういった現象はどんどん減っていくことになります。もっと意識をオープンにすれば、真実に関する情報が引き寄せられてくるようになります。言い方を変えれば「常識」と言われているものが科学の発展や真実の発見を遅らせているんですね。

また、そう言った人類の試練ともいうべきさまざまな動乱を通して、本来持ち合わせている才能や資質を刺激し、引き出し、存在の高みへと移行しようとしているのです。(実際、今回のコロナは仕掛けられたものであったとしても、それをポジティブな方向に捉えようとする動きもたくさんありますよね。真実への探求含め。)

天の河議会

天の川銀河には簡単にいうと、評議会、マスターたちで構成されている議会があります。宇宙には他にもたくさんの銀河が存在しており、それぞれに中央議会があります。(並木さんはそこからメッセージを受け取っている)。地球は最初から宇宙との関わりの中で存在しているのです。話が少しそれますが、「古事記」に出てくるような神々の一部はある種の宇宙人だったりもします。「親神」として重要な役目を果たされています。また、宇宙人種族はほとんどが「ヒューマノイド系」ですが、中には爬虫類やカマキリのような生命体もいます。

人類は異星人にDNA操作されて生み出された。

1984年に提案され、1990年に開始された「ヒトゲノム計画」はDNAの約30億塩基対の配列を解読した壮大なもので、米日仏英の協力により進められました。そして2001年には解読が終了し、国際チームは各国の公的なデータベースを通じて公開しました。しかし、この時公表されなかった大事な情報があります。それは、DNAを解析してそこから先祖を辿ると、今までは生物学的に考えれば最低でも1組の男女、つまり二人から創造された、ということになる訳です。ところが、解析の結果は米英日の3つのセンターがそれぞれ共通して、行き着く先は「8人」の祖先で止まってしまったというのです。

つまり、人類は「人工的に創造された」ということになります。

結論から言うと、地球はもともと生命を作り出す実験場として選ばれたのです。宇宙からさまざまな種族がやってきて、その時地球にいた「もの」を使って実験を繰り返し、生み出していったのです(現在の人類の元となったのは水棲恐竜)。「猿人」と呼ばれる動物が人類の起源とされている説は全く違います。「サル」も異星人が奴隷として創り出したものなのです。

縄文時代が世界のルーツ

今言われている歴史というのは9割間違っており、例えば世界最古の文明とされている四大文明がありますよね。しかし、縄文時代は今現在分かっているだけでも1万6500年前から存在しています(青森県の大平山元遺跡)。その頃からある意味では今よりも進んだ文明を持っていました。(縄文土器は今の技術では作ることのできないものと言われていますよね、これも地球外生命体(神々、高次元の存在)とのコンタクトや高い精神性、優れたサイキック能力などによってなされたものです。)磐座やピラミッドなどもフリーエネルギーや念動力を使って建てられているわけです。言うなれば、縄文時代まではみんな誰もが神様だったのです。

そして、1万5千〜8千年前に縄文の知恵を伝え広めるために、世界中へ散っていきました。つまり、縄文というものが世界文明の根底にあり、最初に文化、文明が起こったのは日本列島だということです。決して、日本文化は大陸からここ数千年の間にやってきたわけではないのです。(「日ユ同祖論」では縄文人の祖先がイスラエルの失われた十支族の一つとする説ですが、それは全くもって逆ということになります)

だからこそ、自分が日本人であるということに誇りを持ち、自分のルーツに思いをはせるだけで、深いところで活力が湧いてくるでしょう。その力を発揮して欲しいのです。誰にも日本人として生まれてきた役割、意味というものがあるんですね。(これは日月神示で言われていることとリンクしますね。もちろん、何かすごいことを成し遂げなさい、ということではなく誇りを持つことで、これまでは考えてこなかった、できないと思っていたことに挑戦したりできるのだと思います。)それができれば、日本の在り方も変わり、世界に発信する影響力も全く変わってくるのです。

大和国の「大調和」のエネルギー、これは実際日本に滞在しているものであり、このエネルギーが解放されたら、地球全体飲み込んでしまうほどの大きなものになります。それを起動させるのは、日本人一人ひとりの意識なんですね。(人類の起源が日本列島にあり、大調和のエネルギーがある。これは日本が「霊的中枢」といわれる所以なのですね。そういえば、ルイーズジョンソンさんが「日本は強いレイラインで護られているから心配ない」と言っていましたね!)

☝︎こちらの保江さんの本もとても面白かったのでオススメです。

※縄文に意識を馳せる、縄文土器を見にいく、だけでも意識が活性化されていくそうです。神代文字にもその力があり、神代文字をずっと使っていたら今頃皆覚醒していたのだそう。やはり隠され、封印されてきたのですね。

日本は世界の雛型である

日本はとても高いポテンシャルを秘めていて、日本人のDNAには縄文のDNAが存在すると(上の存在)が言っています。(Yap遺伝子のことと思われます!)ただし、それには私たちの意識、認識力が広がっていく必要があります。量子力学でいう「観測者問題」の逆を言えば、観測者の意識が変われば、そういう歴史的事実、あるいは年代さえも変わり得るのです(パラレルワールドの存在も明かされていますよね。私たちが時間を過去から未来に流れているように感じているだけで、実際は時間軸とは存在しないものなんですね。)そのようにして、私たち自身がDNAの封印を解いていかなくてはいけないのです。

日本人の定義

日本人の定義は「日本語を話す、皇室を意識する、ご先祖様や八百万の神様を大切にする」ということです。これは人類や親の国籍は関係なく、そういう条件が整えばいいということです。 

これから先、日本には大調和のエネルギー、大和の意識を理解できる人たちがこの日本に集まることになるでしょう。また逆に、日本人の中からは海外に出ていく人も増えるでしょう。その人たちは逆に日本人であっても日本の精神性にはそぐわないわけです。(日本の皇室問題(問題にされているだけなんですが)はじめ、政治、文化などに日本人よりも真剣になって取り組まれている外国籍の方もいらっしゃいますよね。まさにそういう方々のことと思います。また、日月神示においても、日本には日本を貶めようとする人、反日的な精神の人は住めなくなる、という内容も記されています。)

日本人にとって、表現が正しいかは別として、皇室は象徴だと言いますが、意識の中に皇室は絶対に入っていなければならないものです。それがたとえ「アンチ」だとしても意識していることに変わりはありません。

また、日本人は日本語を話します。英語が公用語の地域はありませんね。加えて、日本のいいところは「八百万の神とともにご先祖を大切にする」ということです。ありとあらゆるところに神を観るというのは、日本人の柔軟性や受容力を表しているわけです。

他にも「調和」、共感とも言えますが「エンパス能力」の才能があるんですね。故に知らないうちに他人と同調できるのです。この共感性というのは国民単位で言えば日本人特有のものと言っても過言ではありません。ただ、良い悪いは別にして、「低い波動」にも同調してしまうきらいもあります。

真の共感とは感情的になるのではなく、むしろ「ニュートラル」にその人を理解することです。

他にも大切なことがたくさん書かれていました。また別の機会にお伝えできればと思います。

終わりに

いかがだったでしょうか(少し長くなってしまいました、包括的にまとめるのって難しいですね!練習練習。)。

胡散臭く思われた方もいらっしゃることと思います(笑)

並木さんは、著書の中で

「頭おかしいんじゃないか?」と嘲笑されるのも覚悟の上でお話しているのです。なぜなら、こうした話をしていかなければならないほど、今、僕たちは意識を変えていかなければならない時を迎えているからです。

失われた日本人と人類の記憶より

とおっしゃっていました。

私自身、何も知らないまま聞かされていたら「眉唾物」、そう感じたに違いないと思います。

ただ、1年ほどかけて世界や日本で起こっていることや宇宙、スピリチュアルな事柄、次回お伝えする「アセンション」について混乱しつつも私なりに理解を深めてきたつもりです(それでもほんのちょっとですが)。お伝えしてきた流れで理解してきた、というよりかは徐々に色々な情報がバチッ、バチッとパズルのピースのようにはまっていたような感覚です。

ご存知の方にとっては当たり前のことと思いますが、私にとっては驚くことばかりで、水を得た魚のように日夜パソコンとスマホの前に張り付いいたことを思い出します(笑)

コーリーさんの動画には昨年夏頃出会ったと記憶していますが、冒頭でもお話ししたように、文字通り顎が外れました(笑)ずーっと画面に釘付けになり、帰ってきた夫に興奮冷めやらぬまま話し続けたのを覚えています(それを真剣に聞いてくれる夫😂)。米国などでは、まるで学会発表の如く聴衆の面前で真面目に話されているのを見て、その情報格差にも驚きを隠せませんでした。米国でもまだまだ一部の方だとは思いますが………。

SFのようなお話ですが、映画やコミックで描かれていることは、実際に存在しているからこそ描かれているんですね。

もちろん、何度も念押ししていますが、情報に対する感じ方は各々の受け取り方次第ですよね😁!ただ、情報を精査することはやはり重要なことでもありますよね。

何よりも、一番大切なことは「自分の波動を高めること」に尽きます。

次回はいよいよ「アセンション」について情報を整理しつつ、お話ししたいと思います。

お楽しみに。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます🍀🕊・:*+.

エネルギーが大きく変動しているこの時期は少し眠くなる方もいるそうですよ😪

私はいつも眠いです💤

ゆっくりとお休みしてくださいね☕️🧦

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました