スポンサーリンク

日本に荷物を発送してみました。【スイスから日本に関税を避けて荷物を送る方法】

SNSフォローボタン
スイス暮らし

こんにちは・:*+.

今日も雪模様なバーゼルです❄️

IKEAのフロアマットはやっぱりウッディなタイプではなくプラスチックをチョイスして良かったと感じる今日この頃。

さて本日は実家と義実家に荷物を送った話です📦

いつも何かにつけて日本のものを送ってくださるのですが、中々私たちの方からは送れていませんでした。特にスイスの名物であるチョコとチーズは冬期にしか送れない問題がありますので(笑)帰国の際にお土産をたっぷり〜なんて思っていたらいつまでも送れないなと思い、思い立ったが吉日ということで日頃の感謝の意を込めて、発送してみることに。

スポンサーリンク

送ったもの

「チョコレート・チーズ・ハーブティー・ナッツ類」などを贈りました。

99%のチョコ…….渋みを超えた何かを感じられそう。

今はほとんどスーパーしか営業していない上に、雑貨類など日用品でないものは販売NGという謎の規定ができているので、今回は全てスーパー食品 (COOP)です(同じスーパー内でも雑貨類のコーナーにはテープが貼ってあり購入できない仕様になっている………..)。

一応リクエストを聞いたところ、「チョコ」ということだったので、チョコを多めに。スイスマーク🇨🇭があると良いとのことで、スイスマークが入っているものをチョイス。

下段にチョコをぎっしり。ダンボールは日本から送られてきたものを再利用。郵便局でも買えます。

バーゼル銘菓「Basler Läckerli」のビスケット(ヌガーのような食感とスパイスが効いたお味が特徴的。好みが分かれる。私はスキ)も一袋。

ちなみに、「Basler Läckerli」で検索するとレシピも出てきます(ナッツ、キルシュなどが材料)ので、ご興味のある方は作ってみるのも良いですね☺️

可愛い雑貨も(漠然)入れたいなと思い先週末街に出向いたのですが、ほとんど閉まっていて、「Pfauen」もスーパー部分と一部のフロア(化粧品・日用品など)しか営業していませんでした。

硬くて丈夫そうなチーズとカマンベイル(よくみたらフランス産だった)。

チーズ、特にカマンベールは一か八かで入れてみました…………!8度以下で保存と書いてあったので、今の時期なら大丈夫かなと思ッテマス。。。「Garber」のフォンデュ用チーズ(レンチンでお手軽にできる)は常温販売なので心配無用です!

ちなみに私の一押しお土産は……….「乾燥ポルチーニ」です!日本ではあまり目にしないイタリアンな高級キノコ。とても美味しい🤤。

アルプスのハーブティー(高山植物)もいいお味なので(お土産のお茶って余りがちだけど)飲んでもらえるといいナ(多分地上で栽培されているけれど)。

かわよいパッケージング。

あとは、入浴剤でおなじみの「Kneip」(🇩🇪企業)のかわいいリップを入れました💄同じくドイツ産の「Labello」のリップも(両者とも使ったことがないので使用感は未知)!

スイスチョコの特徴。

【余談】確かに、スイスに来てチョココーナーの豊富さにびっくりしたのですが………、そもそも私はスイス=チョコのイメージもありませんでした(笑)リンツってスイスのメーカーだったんダ!という具合です。

そこで色々とスイスチョコについて調べてみたのですが、何でも口溶けが抜群に良いそうです!チョコ産業にいち早く目をつけた各企業の創設者らの努力で「ブランド化」に成功したことも一因だそう。その企業同士で切磋琢磨することで高い技術の向上も得られたそうです。ホゥ。

私はスーパーの板チョコで十分満足していたのですが、調べていくとゆくゆくは本格的なおチョコも味わってみたいなと思いました……….🤤

バーゼルにも有名店が何店舗かあるようで(観光客向けにチョコツアーも組まれている)、いつか行ってみたいと思いますので、その際はレポしたいと思います😆🍫

参考記事はこちら↓

日本→スイスに荷物を送る方法

ズバリ!万国共通!郵便局で送るだけです(笑)

私にとっては初めてのことでしたので記録しておきます✏️✨

尚、以下の情報は全て「Die Post」のサイトより確認することができます(事前登録しておくと便利です)!

【スイス→日本に送る場合】重さと料金

   ⬅️普通便/速達便➡️

マックスの箱サイズは「100×60×60」です。※もっと嵩高いものを送りたい場合は別料金で発送可能。今回は10キロ以下を目安に荷造りしました。

書類はオンラインで作成

便利な世の中。郵便局に出向かずともオンライン上で必要書類を作成することができます。「住所、大まかな内容物と重さ、値段」などを打ち込んでいきます。

重めに見積もるべし!

注意すべき点はただ一つ「Present」にチェックを入れることです!普通荷物とてして送ってしまうと関税がかかってしまうので要注意です。

贈呈品です!!!
書類をコピーあるいはバーコード画面をスクショして郵便局へ
PDFが届きます。

書類が作成できたら、あとは荷物を持って郵便局に行くだけです!

バーなコード。

書類のPDFがメールで直ぐに届くのですが、「それを5枚コピーして署名して持っていく」or「バーコードが表示されている画面をスクショしてそれを見せる」の二択があります。明らかに後者の方が簡単なのですが、メール上には「必ずコピーを持ってくるように」という文言があり、バーコードへの言及がなかったので、念のためにコピー&署名をした紙を持って行きました。

受付で荷物と書類を渡して完了

土曜日の郵便局はかなり混み合っているので、平日の午後2時に行ったのですが……それでも混み合っていました!10分ほど外で待ち、受付へ。紙を渡すと物凄い勢いでスタンプを押してくれます。問題がなければ配送料を払っておしまいです!

ただですね………今回、10キロをチョイスして、余裕を持ってだいたい7キロ、9キロの箱を作ったつもりでしたが……………

一つの箱が…….10.2キロだったんです。。。。無事15キロ料金に格上げされました。オカシイナ……。雪に降られてビショビショになったのもあるカナ……….。やはりプラス2キロくらいを想定した方がいいですね!

もう一方は8.5キロくらいでクリアでした。

終わりに

ということで、今回はスイスから日本に荷物を発送したお話でした。

もちろん、内容より気持ちが大切ですよね✨選んでいる時が一番楽しかったです(あと箱にテトリスのように詰めていく作業)。

ぜひ参考になれば嬉しいです😃

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます😊🍀

本日の一曲は……….

リモート面接でたぶん寝転んでる奴

ジャルジャルで「リモート面接でたぶん寝転んでる奴」です。コント名とサムネでほぼネタバレしてるのに面白いんですよね……!そして長い、しつこい!でもクセになる!

ぜひジャルジャルのお二人が作り出す独特な世界観を味わってみてください✨

まだまだ冷え込みますので、四肢とお腹を温めてお過ごしください🧦☕️・:*+.

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました