スポンサーリンク

エンゲルベルグで雪山トレッキングとそり滑り体験

SNSフォローボタン
スイス旅行記

Gruezi!

寒い日が続いていますね❄️

寒いのでシャッターは閉じたままに。

今日バーゼルでは朝から雪が降り続いています。

バーゼルはここ数年は雪が降らなかったそうですが、今年は数回降っているのを見かけました。

実家の母も「日本もここ最近寒い」と言っていたので世界的に寒いのかもしれませんね⛄️・:*+.

プラスカーテン。

最近の目覚め話。我が家のリビング兼寝室には二つ窓があり、いつも寝る際に頭を向けている方のシャッターが壊れていたのですが、、、先日無事業者さんに直していただきました。その結果…………….「遮光性抜群」になってしまい、朝方もまるで夜のような暗さで中々目覚めが良くありません(笑)

お陰で部屋もよく温まるようにはなったのですが☺️!

ついつい長寝してしまうのでもう少しシャキッと起きなければと思いつつ、ぬくぬくしております😪。

さて本日は昨年末にエンゲルベルグでトレッキングとそり滑りをしたお話です!夏と同じ場所を歩いたのですが、全く違う景色でした…………!ぜひ比較してみてください🌞vs⛄️!

*最近なぜか画像が大きく表示されたり小さく表示されたりとまばらな大きさになってしまうのですが、未だ解決できず………..。ご了承くださいませ!

スポンサーリンク

8:06分発の列車に揺られて

いつもより高級感のあるシート、食堂車付きでした

バーゼルからエンゲルベルグの麓までは列車で約3時間。2時間ほどでルツェルンに到着した後、ルツェルン駅で乗り換えて山麓まで向かいます。

乗り換え時間が場合によっては5分程度と短い場合があるのでご注意を。

南下するにつれ雪景色に。

9時オープン、16時クローズだったのでもっと早朝に出てもいいのですが、11時ごろに着いて2時間ほどハイキングを楽しむ→お昼休憩→そり滑り1時間→帰路について18時ごろに帰宅

といったスケジュールを立ててみました!

私はスキーウェアを揃えていたので、家からそのまま着て行ったのですが、山麓のレンタルショップ(色々な場所にあるようですが、返却のことも踏まえると受付の隣が一番楽かもしれません)にてすべて借りることができるようです。但し、ハイキングシューズとスキーウェアパンツ、手袋を借りるだけでも50CHFするそうなので、シーズン中何回か行く!と言う方は買ってしまった方が良いかもしれません☺️

エンゲルベルグのHP(Mietcenter)に借りられるお店がたくさん載っていました。

スイスではスキーウェアを家から着ていくのが普通なようで、中にはスキーシューズを履いたまま乗り込んで来る方も…………………。転びやすいですよね……………?

また、スパッツ姿の方も見受けられます(笑)

所違えばなんとやらですね!

エンゲルベルグ駅に到着。山麓行きのバスが出ていますが、徒歩10分程度で着くのでトコトコ歩きました。

夏とはまた違う、白銀の世界✨

麓の街の様子。

トコトコ。

スノーウェアは目的によって柔軟に。

今回体験したスノートレッキングとそり滑りに関しては普通のスキーウェアを着るのがベストだと思います。雪が入ってきてしまうので…………..!今回使用したものは

  • スキーウェア上下
  • インナー上下
  • ハイキングシューズ(夏も兼用できるもの)
  • 手袋
  • 帽子(ヘアバンド)
  • サングラス(日本の雑貨屋さんで1500円くらいで買ったもの)
  • 大判スカーフ(日焼け防止と寒さ対策で)
  • マスク(なななんと、コース以外の場所ではマスク着用義務ありでした)

ただ、私の場合下はスキーウェアですが、上はダウンジャケットでしたが全く問題ありませんでした👍(こちらの記事参照)その下には薄手の保温インナーのみ着用です。スノーパンツの下には数年前にGUで買ったヨガ用のタイツを着用しました。手袋も割と薄手のものでしたが、暑がりな私はハイキング時はほぼ着けませんでした(笑)

そしてですね、雪山はしっかりと道が整備されていますので、

普通の格好でもハイキングをすることができます。実際にジーンズにコート姿の方もいました。

靴も防水性のもの且つ、くるぶし以上あるハイカットなものであれば問題ないかと思います(靴底がフラットで滑りやすいものは要注意)。

ただ、道無き道をトレッキングする(スノーシュー装備)場合はやはりスノーウェアが望ましいです(と言うか必須)。

クロスカントリーを楽しむ場合はレトロなスパッツ姿(デモパンと呼ぶらしいです)の方もチラホラいらっしゃいました。もはやインナーだけ??みたいな感じです。運動量がかなり多いですから、そちらの方が向いているのかもしれませんね⛷

と言うことで、「目的によって柔軟にスノーウェアも変えられる」なと思いました。とは言えあるに越したことはないのですが(笑)意外と自由なんだな、と思った次第です。

反対にスキーやボードを楽しむ場合はヘルメットとゴーグルが必須です!

リフト券(44CHF)で一日乗り放題

今回はエンゲルベルグ、「BRUNNI」と言う名称のスキー場を利用しました!エンゲルベルグ近くにもいくつかスキー場があるようで、いろいろな駅で降りていくスキー客たちを見かけました。

EngelbergのHPを見ると色んなコースや情報が書いてあって、よく調べないまま行ったのですが(ブログを書いて理解しました)、

今回は「BRUNNI」の山腹にある「RITIS」にてスノーシューとそり滑りを楽しんだようです(笑)

つまり、ENGERBERG-RITIS間のケーブル券と、RITISでのリフト券のセットを購入したことになります。

受付の様子。子供達がたくさんいました。
赤ちゃんをおんぶしている方もちらほら。このままスキーするとはツワモノ………!

まず、山麓のゲートで券を購入します。これが一日リフト乗り放題共通券になり、44CHFでした(夏はハーフウェアカードが使えたのですが、今回は使えず)。あれ?夫は学生なのでもしかしてもっと安くなったかもしれませんね!

無事ゲッツ!

こちらのカードをかざして入場し、ゴンドラで山腹(RITIS)へ。上にあるリフトでもこちらを使用します。また、最後に返却が求められ、返却時に5CHF返ってきました。なので実質39CHFですね!

ケーブルカー、20人程乗り込める。15分置きくらいに出ている。
ケーブルカーより望む車窓。
ワンちゃん。ワンちゃんとスキーしていて楽しそうでした。乳飲児やらわんちゃんやら家族みんなで楽しむスタンスが素敵ですね☺️
山麓からも勾配の小さいスキーコースがありました。子供連れの方がたくさん。

そして、RITISに着くと各々やりたいこと(スキー・ボード・スノーシュー・ソリetc)をするのですが、ここで道具を持っていない場合は、スノーシューやそりをレンタル(リフト付近にあるYETI PARKにて)します。スキーやボードはスノーシューとそりの貸し出し場にはなかったので、山麓のレンタルショップで借りるようです。

自前ソリで引きずられる赤子

つまり、道具が揃っていれば入場時に購入するリフト券だけでOKと言うことです!実際こちらの方は自前のそりやスノーシューを持ち込んでいました……….!流石ですね✨

リフト券を購入する際の謎のやりとり

受付の方:「今日は何しにきたの?」

夫:「トレッキングとそりです」

受付の方:「それは同時にはできないわ、コースが違うから※●×△*#………」

夫:「トレッキングの後そりをします」

受付の方:「何回そり(リフト)に乗るの?」

夫:「ええと………」

受付の方「決めてからもう一度並び直して」


と言う1回目のやりとりがあったのですが、リフト券は「乗り放題券」なので、「何回乗っても同じ」な訳です。そして山腹で何を何回するかは、自由なんですよね(笑)!

私たちも最初から「ケーブルカーとRITISのリフト券セット大人4枚」、と伝えればスムーズにことが進んだと思うのですが、「何しに来たの?」から入ったので話がごちゃごちゃになってしまいました(笑)

説明書きが全然見当たらなかったんですよね…………..。

結局並び直して(特に英国からの観光客で割と賑わっていました)、

「5回そりに乗ります」

と謎の宣言をした後(回数券でもあるのかと思っていた)に受付の方から「ここでは1日リフト券しか買えないわよ」

と言われ、無事リフト券を手に入れたのでした。。。

ちなみに、受付の方とのやりとりはマイクを通してみんなに聞こえております。

最初からBRUNNIのHP(EngelbergのHPからも飛べます)を見ていればよかった……………。EngelbergのHPにも同じ情報が書いてあるのですが、ちょっとわかりづらく感じました。「エンゲルベルグにいく」とだけ思っているとチンプンカンプンでした(笑)

いやあ〜、それにしても乗り放題リフト券が39CHFってお安いですよね☺️

念を押しておきますが、ハイキングするだけの方はケーブルカー代(大人32CHF〜)だけでOKです!

スノーシューとそりのレンタル

内装も清潔感があっておしゃれでした。

無事山腹に着くと(ケーブルカーで5分くらい)、レストラン施設(トイレも地下にあります:温水で手が洗えて気持ちいいです)があり、すぐそばに子供達が遊べる「YETI PARK」があります。

受付で軽い軽食も。
_人人人人人人人_
> 南国みかん <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
マスク必須です!
かんじき、プラスチックver.

そちらでスノーシューとそりをレンタルすることができます。

  • スノーシュー(ストック付き):15CHF
  • そり:8CHF

借りる際に、グループのうち一人の身分証明書を預ける必要があります。

と言うことで、レンタル代も含めると62CHFでした!往復の列車代を含めると約100CHFくらい。日本でスキーしにいくのと変わりないですよね!

スノーシュートレッキング

長々と書き連ねておりますが(笑)、スノーシューを履いていざトレッキング!

コースがたくさんあるのですが、今回私たちは1.7kmをチョイスしました(笑)

振り返るともう少し長めのコースが良かったと思うのですが、それでも1時間半かけて戻ってきました。

このスノーシューですが、もっとガッチリと足を固定するかと思いきや、つま先を固定している以外は結構自由度がありました。確かにそうでないと上手く歩けませんものね!

整備された雪道はスノーシューなしでも歩ける(むしろなしの方が歩きやすい)のですが、新雪の積もった道を歩くと、スノーシューの素晴らしさを実感しました。なるほど「かんじき」ってこんな感じなんだ!と感動。

針葉樹と青みがかった鋭い山肌
ポールが道標
荘厳な山々。
ウキウキな夫
山間に集落らしき影。
写真撮影スポット
中身は生姜ともち米。

ベンチがあるところでひと息。前日に作っておいたお稲荷さんを2個いただきました。雪山で食べるお稲荷さんは格別ですね……………🤤。平地はさほど疲れを感じないのですが、休憩後は”体感”勾配60度くらいの坂を登りました。

写真だと15度くらいに見えますね(笑)!

登り切った夫
来た道を眺める夫

膝をついて歩く場面もあるくらい、結構急でした。。。

息が上がって上がって………..。

一歩一歩を小さくして登ると良い、と夫からアドバイスをもらったのでそのようにすると、確かに登りやすかったです。直線で最短距離を登るよりもくねくねと登りやすい道を登った方が初心者には優しかったです。

ふゥ…………………..。

登り切って少し歩いたところに山小屋があった(入れない)ので、外のベンチでまた休憩。あとはスノーシューを脱いでYETI PARKに戻りました。

可愛い山小屋
夏山のHAPPYな雰囲気とは違い、静けさに包まれた世界。

1.7kmがこんなに長く感じられるとは………….!

お昼休憩

毛布にくるまって休む人々も。
オリーブグリーンが素敵な椅子
明るい店内

ちょうど13時ごろにトレッキングを終え、レストラン近くの椅子で休憩。レストランはテイクアウトのみの営業でした。寒空の中、皆屋外で休憩。

ヌストルテ

私はナッツタルト(Nusstorte)、夫はリンゴケーキ(Apfelkuchen)をいただきました。ちなみに……………….ナッツタルト、ナツメグなどのスパイスがかなり効いており、ちょっと苦手なお味だったので夫と交換してもらいました(アリガトウ)。

白湯を持って行ったのですが、雪山で飲む白湯はこれまた美味でした。IKEAで購入した水筒「UTRUSTNING」、二つカップがついているのでとっても重宝しております☕️✨普段は鍋で沸かしたお湯をストックするポット代りに使用)

そり滑り(スレッジング)

さて、お次はそり滑り。14時前くらいだったと思います。コロナの影響で前日までトレッキングのみ営業だったのが、当日解禁されたのでとてもラッキーでした。

外付けされたソリ。

再びYETI PARKで借りて、いざリフトへ乗り場へ。

予想以上にどっしりとした重量感で、長くは持っていられないような重さでした。3席のリフトの真ん中に一台を載せ、もう一台は係員の方がリフトの隣に横付けしてくれます。

頂上でまた係員の方が降ろしてくれます!女性は係員さんにお任せした方がいいかも……..?

あとはコースをソリで滑るだけなのですが………………….

とても怖かったです(笑)写真でお伝えできず………….!

体感速度80km以上はあるのではと言うスピード感!コントロールが意外と難しく、体重を上手く乗せないと一気にコースアウトしてしまいます。絶壁みたいな危ない場所はネットが張られていますが、ちょっとした段差はすぐ落ちてしまいそうな感じでした。

足で雪をガガガと抑えてブレーキをかけるのですが、私の場合全然効かなかったです(笑)

紐を引っ張ったりすることでも若干コントロールできるみたいでした。

ジェットコースター並みのスピード感と怖さを体感できること間違いなし!です。一回15分くらいかな?

とはいえ爽快感がとても素晴らしいので、楽しむことができました🛷🌪

休憩時は突き刺すスタイル

赤ちゃんを前に乗せて滑ってる人もいましたが、、、コントロール力がすごいですね!

また、結構雪しぶきが上がるのでサングラスorスノーゴーグル必須です!

お母さん頑張れ!
おしゃぶりをした赤子がたくさんいました。
ママを運送。

途中、雪がかなり降ってきてしまったので、2回滑って(5回って宣言したけど)引き上げることにしました。それでも一回のインパクトがすごいので十分すぎるくらいでした(笑)

本日の一曲

と言うことで、エンゲルベルグの雪山を満喫したお話でした!

18時半ごろには帰宅することができたので、いい感じのスケジュールだったなと思います。次は是非スキーもしてみたいです🎿!連泊で楽しむのもいいなと思いました。あとはアルプスの方でもやってみたいな〜🗻

それでは本日の一曲。

広瀬香美さんで「ゲレンデがとけるほど恋したい」

広瀬香美 / ゲレンデがとけるほど恋したい

現在もYoutubeチャンネルで抜群の歌唱力を披露されていますよね!私は広瀬さん公認のミラクルひかるさんのモノマネが大好きです(笑)

ミラクルさんのモノマネ動画↓

【ミラクルひかる】YouTubeで独特なテンションになる広瀬香美さんのものまね

広瀬さん本人動画↓

【広瀬香美】モー娘。さんの恋愛レボリューション21💖歌ってみた⑩【※つんく♂さんの太巻きsong】

小さい頃から地元のスキー場でよく聴いていましたが、大人になって聞くとまた違う聴きかたをすることができますね🎼・:*+.

是非、冬ならではの曲を聴いて冬を満喫してみてください♩

最後までお読みいただきありがとうございます🍀🕊

リラッ〜クスして、好きなことをしてお過ごしください☺️

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました