スポンサーリンク

2021年おせち作り【漬物編】

SNSフォローボタン
スイス暮らし

Gruzie!

本日3本目の投稿です(笑)

何故か2020年が終わると思うと、昇華したいことがあれやこれやと出てくるものですね!

しかしながら……………間に合わないものもあるので、

のんびり来年記していきたいと思います👍

掃除については31日に窓掃除をして、あとはいつもの掃除のデラックス版を実施すればいいかな?という具合です。冷蔵庫や保存食の整理をちょこちょことゆっくり終えました。今日、夫のおばあちゃんとご両親からの仕送りが届いたので良い機会になりました。

18日くらいに送ってくださったのですが、クリスマスなどでなかなか届かず、「手作り餅はすぐにカビが生えるから………!」とおばあちゃんかなり心配してくださって…………..

案の定カビが生えてしまっていたのですが、表面を削り落とすことで綺麗なお餅が蘇りました!

すぐに冷凍室へ
落花生と青のりの豆餅🤤

新たなカビが発生する前に(冷凍庫でも生えるんだそう!)お正月を待たずしていただいたのですが、

とーーーーーーーっても美味しかったです。手作りのお餅ってこんなに美味しいのか!と感動しました(私の実家ではもう随分前から市販の切り餅でした)🤤

withきゅうり漬け

他にも柚子味噌やきゅうり漬け、乾燥納豆、干し芋、梅干しなどの手作り品(こちらは全部無事でした)をたくさんいただいて、今れ我が家の冷蔵庫は幸せの宝庫になっています。

冷蔵庫を開ける度、おばあちゃんちに帰ったような、幸せな気分になります。

とってーーーーーーもありがたいことですね😊・:*+.

さて、3本目はおせち用の漬物を作ったお話です!

簡単に品目とレシピを記載します!

なお、保存容器は全て熱湯消毒しました(5分以上煮沸)。

スポンサーリンク

紅白なます

材料

  • 柿(1個)
  • 大根(1本)
  • 昆布・鷹の爪(お好み)
  • 蜂蜜・お酢・お塩(お好みの比で)

紅白なますといえば「柿と大根」が我が家の定番だったのですが、人参を使うご家庭も多いそうですね!地域性かと思いましたが、全国各所に柿を使う地域があるようです。小さい頃はちょっと苦手だったのですが(酢豚にパイナップル的な)、大人になるにつれ大好きな味になりました。

COOP縛りといいつつ、昆布や鷹の爪はアジアンショップで手に入れたものです……..(笑)!

味付けに「すしの子」を使ってもお子さんが好む甘めのなますができるのでオススメです。

そして実は先週末に漬けておいたのですが、今週頭にペロリしてしまいました(笑)食いしん坊夫婦にとって作り置きは酷ですね……..!3日前なら我慢できるでしょう。。。

ラディッシュ漬け

こちらも紅白を意識したお漬物ですが、ラディッシュの赤い色素を利用して赤く染めることに。

材料

  • ラディッシュ(1房)
  • 大根 (1本分の皮の千切り)
  • チョロギ’(100グラム)
  • 紫玉ねぎ(1個)
  • お酢・蜂蜜・お塩(お好みの比で)

こちらは漬けてから4日目くらいですが、ちょっとラディッシュの色素だけではピンク色留まりだったので、本日紫玉ねぎを追加しました。また、チョロギをかなりつまんでしまってもう4粒くらいしか残っていません。。。今日のCOOPにはチョロギちゃんが不在でした。。。

アジアからフランスに伝わったファインフード、チョロギ。

味付けは紅白なますと変わらないのですが、比を変えてこちらは甘さ控えめに作りました。

数の子風ヤングコーンの塩麹・醤油漬け

数の子に似てるな、と思いヤングコーンを買ってみました。

  • ヤングコーン(酢漬け1瓶)
  • 塩麹・醤油(お好み)

先週末にこちらも赤いパプリカと一緒に一度湯通しした後、塩麹(YUMI-HANAでゲットした)とお酢で漬けてみたのですが、塩麹の風味がお酢に負けてしまっていたのと、甘酸っぱいばかりだと単調になってしまうので今回はお醤油と塩麹にしてみました。塩麹だけでもよかったかもしれません。甘味に甘酒なんかがあるといいですね!

また、今回は生のヤングコーンを買うよりも瓶詰めの方が安かったので、酢漬けを購入し、その中に調味料を加えました(瓶は熱湯消毒したものに入れ直しました)。

スイスチャードの青菜漬け

材料

  • スイスチャード(1房)
  • 塩・醤油(適量)
  • お酢・蜂蜜(適量)
  • 水(適量)

青菜漬けは山形の郷土料理です。青菜漬けを海苔のように一枚一枚剥がして、ご飯を巻いて食べると………..ご飯3杯はいけます……….!🤤

きちんと塩分濃度を図ってやるべきなのですが………こちらも目分量でやりました……..!保存が効くように、結構塩辛目に作ったと思います。鷹の爪を入れて辛くしてもいいですね!また、スイスチャードの茎部分はセロリに似ており、かなり繊維質なので湯通ししてから漬け込みました。また、ビニール袋は料理酒で消毒しました(本当は焼酎でしたいところですが)。

ということで、こちらで買える貴重な青菜であるスイスチャードを、青菜漬け風に漬けてみました。うまくできるといいです………..!

松前漬け

おばあちゃんが松前漬けセットを送ってくださったので、

千切りにした人参3本とセットを使って松前漬けを作りました。昆布とスルメを水で軽く洗った後に、付属のタレに漬け込むだけ、楽チンでした!

これは絶対に美味しいです。


というわけで、本日はおせち作り【漬物編】でした!

残る「伊達巻・栗きんとん・かまぼこ・筑前煮・黒豆・田作・サーモンのマリネ」は31日に作り込みたいと思います…………!黒豆は煮豆缶を使うので味をつけるだけ。筑前煮もお醤油とだしで煮るだけ(冷凍のレンコンをYUMI-HANAでゲットしました!)、サーモンもマリネするだけ、田作も煎ってからクルミと和えるだけ(田作も仕送りしてくださいました!)、栗きんとんも潰して成形するだけ……………..

ということで難関は「かまぼこ」と「伊達巻」です!冷凍白身(何の白身かは未確認)が果たしてうまく役目を果たしてくれるか……………!

なんとかなるでしょう……….😉💫

(作りすぎ感が否めないですが、大丈夫でしょう。)

皆さんは2021年をどんなおせちでお迎えしますか?

自分で作ってみることで改めて今まで作っていただいた方々(おばあちゃんもお母さんもお父さんも、お店の人も)のすごさを実感するとともに、深い感謝の念が沸き上がってきます…….!

感謝感激雨霰!

最後までお読みいただき、ありがとうございます😊🍀

それではまた。

バーゼルの街角より

コメント

タイトルとURLをコピーしました