スポンサーリンク

Gratis!「無料!」と貼り紙して物を譲る文化【スイス🇨🇭】

SNSフォローボタン
スイス暮らし

こんにちは🌞・:*+.

現在絶賛引越し準備中です!

写真はほんの一部ですが、スーツケースと大きな袋にまとめてストリートを何往復かするつもりです!もともと家具から食器類に至るまで全て備え付けのアパートだった+物を増やしたつもりはなかった………のですが意外とワンルームでも物ってありますよね……….!6往復くらいで済むといいな………。日本から洋服を持ってきすぎたな〜と反省しています(母や叔母が外国ならこのくらい派手な方が映えるわよ!とお古(レトロ可愛い)を沢山くれたが日本で着ないものは外国でも着ない)。

そして、昨晩IKEAにて家具等を注文しました(ワクワク)!前住人さんが「家具譲るよ〜」と言ってくれていたので油断していたのですが………….引越し1週間前になって「クローゼット、棚、ランプ要るかい?」とのことで、急遽色々揃えています(笑)やはり交渉ごとはハッキリパッキリ聞くことが大切ですね………..!もしかすると引越し後、ダンボール机ジベタリアン生活が待っているかもしれません。。。

そして….現在ANAが何やらキャンペーン?デモンストレーション?をやっているらしく、11月中の予約で超お安く往復便のチケットをゲットできるそうです(詳しくはお調べくださいませ🔎)!

夫が帰りたくて仕方ないようで(もうかれこれ1年半帰っていない)、興奮気味に言っていました。私としては新生活のセットアップをしている最中なのでこちらで上手くやりきりたいナ〜と思っている次第です(もちろん永続的に日本で暮らす日を夢見ていますが)!

✈️✈️✈️

スポンサーリンク

Gratis!無料持ち帰り文化はバーゼル発?

barfi.chより

こちらではよく、ストリートやアパートのエントランスに「Gratis zum mitnehmen!(無料で持ってって!)」との貼り紙と共に不用品が置いてあるのを見かけます。

スイスの情報サイト【barfi.ch】によると(2018年に閉鎖してしまったようです)、この無料持ち帰り文化はバーゼルの文化だそうです!他の地域や国でもやってそうですが…….どうなんでしょう??

barfi.chより

こんな大きなクローゼットまで!

スイスにも「メルカリ」的な不用品買取サイトもあるようですが、ストリートで不用品無料蚤の市!を個人でできるのはなんだか素敵ですよね☺️

ちなみに私の住むアパートでは「食べかけのシリアル」とか「飲みかけのコーヒー」、「使い込んだ食器」など様々置いてあります(笑)しばらく置き去りにされた後、清掃会社の方が片付けてくれたみたいです。

また、お持ち帰りされなかった場合は粗大ゴミシールを購入し、貼っておくみたいです。

電子レンジをグラティス!してみた。

我が家では電子レンジ(まだまだ現役)が不要になったので、精一杯磨いてピカピカにした後、貼り紙をしてエントランスに置いてみました。

お持ち帰りしてもらえるか半信半疑でしたが….

なななんと、1時間もしないで無くなっていました……!

嬉しい……….!!

使わなくなったものを誰かがまた大切に使ってくれると思うと、感慨深いものがありますね✨

電子レンジちゃん、今までお世話になりました。新しい部屋でもますますのご活躍とご多幸をお祈り申し上げます😌・:*+.

新居では大きなソファーやダイニングテーブルなどを購入したので……帰国の際はまたグラティスしたいですが…..大きいですからね…..、その時が来たら色々考えたいと思います(笑)!


こんなユーモア溢れる方もいらっしゃるみたいです!

ということで、本日はバーゼルの素敵な不用品お持ち帰りシステムをご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございます😊🍀

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました