スポンサーリンク

グルテンミート「セイタン」に挑戦するも…..

SNSフォローボタン
スイス暮らし

こんにちは!

今週も金曜日がやってきましたね〜。(昨日の更新忘れました!)

10月もあと1日で終わりということで、早すぎる時の流れに驚きです🧟‍♂️🎃!

お隣のフランスとドイツは再ロックダウンになってしまい、スイスもいつ封鎖されるか分からないな〜と思うので…..

週末はパスタとリゾット米をちょこっと買い足そうかなと思います。

そういえば最近庭のリスをあまり見かけなくなりましたが、もう冬支度しちゃったのかな。。。

可愛い姿にいつも癒されていたのですが🐿、一足先に備蓄を済ませたようですね🛌☺️

さて、今回はグルテンミート作りに挑戦(せざるを得なかった)したお話です。

スポンサーリンク

お菓子用の粉かと思いきや…

おなじみのヴィーガンコーナーにて何か目新しいものはないかキョロキョロしていると

なにやらお粉を発見しました。

「セイタン-ベーシス」ってなんだろう…。何かのベースになる粉…..。

最近大豆パスタにハマっていたこともあり、

大豆粉トカ何かの植物の粉カナ!面白ソウ!

と、アーモンドパウダーの半額くらいの値段だし(確か3CHF位)、お買い得〜と考えなしに買ってしまいました。

そしてお家に帰って「SEITAN」と調べると…..

グルテンミートの素

であることが判明。

「グルテンフリー」を意識して、大豆パスタ〜♩ルンルン….と意気揚々していた私。

グルテンの塊みたいなものをわざわざ買ってしまったのでした(笑)

セイタン(グルテンミート)とは…

見た目はいたって普通の小麦粉。セイタン用の粉はグルテン成分の強い小麦粉のようです。

小麦粉に水と少量の塩を加えて捏ね、寝かせたあと水洗いして余分なデンプン粉を流し落とすと、残ったゴム状のグルテンの塊が得られる。これを適当な大きさにちぎり、醤油・各種ソース等の煮汁で下味をつけたものがセイタンである。下味をつけたセイタンは、さらに様々な調理に用いられる。

セイタンは主として、菜食主義マクロビオティックのような穀菜主義、あるいはアレルギーやカロリー制限による食事療法において、肉の代用品に利用される。

Wikipediaより
Wikipediaより

台湾では「揚げグルテンの缶詰」として一般的に販売されているそう。日本でも瓶詰めなどが売っているようです。1960年代に伝わったようですね!「セイタン」というワードは全く知りませんでした。

製法的には「お麩」に似ているようです!

麩の主原料のグルテン(たんぱく質)は、小麦粉に水を加えて練り、でんぷんを洗い流したものです。生麩はグルテンにもち粉を加え、蒸したりゆでたりしてつくります。焼き麩は、グルテンに小麦粉を加えて焼き上げたものです。

キッコーマンより

いざ、セイタン唐揚げ作り開始!

大豆ミートのように結構お肉な食感に仕上がると聞いて…..気を取り直し、今回は「セイタン唐揚げ」を作ることに。

作り方はいたって簡単。

  1. セイタン粉に水を加え、塊になるまで混ぜる
  2. 白い濁りが出てこなくなるまで揉む
  3. 醤油・生姜で下味をつける
  4. 一口大にする
  5. 小麦粉または片栗粉で衣をつける
  6. 揚げる

水を加えてこねた後は普通のお肉唐揚げと同じ手順です!

水は200グラムに対し同量くらいでいいみたいですが、溶けなくなるまで「揉み洗い」するので飽和量いれちゃってOKです。

今回は500グラム一袋を一気に使いました(笑)

グルテン塊ができました。お麩の匂い。

伸ばすとお肉のような繊維が。

下味をつける前に一口大に千切ったら….

味を揉み込んだ結果、また塊になりました(笑)下味→千切るの手順が正解ですね!

片栗粉を表面にまぶして少量のオリーブ油で揚げ焼に。

完成!お味は….

全行程20分くらいで簡単にできました!

見た目は普通の唐揚げ。

今回は辛味噌ネギを薬味に。キクラゲきゅうりも添えて中華な感じのメニューにしました。

では、いざ試食!

肝心のお味は…..

「………………………..?!」

全然噛みきれない。無限モグモグ。

(´-`).。oO

私の脳裏にはある映像が浮かびました。

それは「美味しんぼ第72話 代用ガム」

huluで観れるみたいです。)

富井副部長は実の弟から「父は兄だけ可愛がって自分は大学進学させてくれなかった!」と責められるのですが、父は逆境の中でも愛情をかけて育ててくれたということを「代用ガム」の思い出で説明します。

その代用ガムというのが、「小麦粉を練ったものを水で洗い流してグルテンだけにする!」という、まさにセイタンそのものだったのです。

(製法を突き止めた山岡のお陰で2人は無事仲直りできました。)

子供の頃に食べた風船ガム(黒猫の絵が書いてあるやつ)の食感そのものでした(爆)

よくいえばモツみたいな感じ….?

鶏肉みたいな食感になると聞いていたのですが…..(笑)

夫と2人でネッチネッチ時間をかけて食べました(二日くらいかけて)。

終わりに

グルテンミートデビューはちょっとほろ苦い思い出になりましたが….

とってもいい経験になりました。

上手く作れば大豆ミートのような感じに作れるのかもしれません。

ご興味のある方は普通の小麦粉からも作れるので、ぜひお試しください。

ちなみに…..

大量のグルテンを摂取したせいか、2人ともお腹を壊しました(笑)

まずは少量からお試しあれ。

それではまた。

ハッピーハロウィン🎃🎃🎃

コメント

タイトルとURLをコピーしました