スポンサーリンク

バーゼル散歩

SNSフォローボタン
スイス暮らし

こんにちは。

今日から冬時間になりました。

日本とは7時間時差から8時間時差へ変更です!

今日起きた時は1時間得した気分になりました(笑)

さて、昨日は気持ちの良い天気だったので夫と散歩に行きました。

その道中で撮った写真をお届けします!

いつの間にか近所の玄関前にある大きな木がきれいなグラデーション紅葉。

イエローとグリーンの爽やかな濃淡に、木漏れ日がきらきらと。

玄関を覆うように生えた木。カモフラージュっぽくて素敵。

ブリティッシュグリーンなドア周りのグリーンがマッチしていてとってもお洒落。

最近妹が買って気に入っているヒーターもブリティッシュグリーンで可愛かった….,。

最近塗り直したばかりのグレー×ティファニーブルーの組み合わせがキュートすぎるアパート。白のデコレーションも素敵。

シンプルな木製の飾りドアが素敵なおうち。素朴な雰囲気がgood。

バーゼル大学の前に留まったワーゲン。メタリックなブラウンとバーゼル大のユニバーシティカラーである淡いブルーの組み合わせが素敵。

【余談】私は1世代前のホンダ・フィット乗りなのですが、フィットを買う前はワーゲンみたいな形が可愛い日産・マーチ(2007 〜2010年モデル)を中古でゲットしようか悩みました…!欧州でもそのフォルムの可愛さからとても人気になったんですよね!今でも走っているのをこちらでよく見かけます。結局ペーパードライバーであることも考慮してより安全性の高いフィットちゃんにしましたが、ヴィンテージから新しいものまで車を見るのが大好きです(詳しくはない)。

こちらもバーゼル大の物理学科棟の前によく留まっているワーゲンバス。おもちゃみたいでとっても可愛い….!!中も気になる〜。

こちらはトヨタ・スープラ!超絶カッコ良いです。ちょっとデロリアンっぽくて逆に未来っぽさがありますよね。ヴィンテージな赤も素敵…。

ライン河に着きました。つい1ヶ月前までは遊泳する人たちで賑わっていましたが、さすがに静けさを取り戻していました。水上スキーを楽しむ人たちの姿が。

COOPで買った大きなクロワッサンをいただきました。14時過ぎの遅めの昼食。くるみとチョコが入っているクォロヴァッサァ〜ン(おフランス語風)がお気に入りです。犬の散歩やジョギングしている人などがライン河沿いにあるSt. Johanns公園の周りを囲んでいました。

可愛い猫ちゃん。ターコイズブルーの瞳と黄色い小花が可愛い。

イチョウ並木と紅い葉っぱの蔦階段。

紅葉のような燃える紅。調べたら本当に「蔦紅葉」と呼ばれる植物でした。

ブルーべリーみたいな実が沢山なっていました。

白いフィアットとヨーロッパな街並み。

パステルカラーな通り。丸い窓が可愛い。

ちょっと高級感のあるヨーロピアン建設ストリート。統一感のある出窓が素敵。

蔦紅葉で覆われたアパート。保温効果もありそう(笑)将来、田舎暮らしでこんな感じに蔦植物をベランダまではわせるのが夢です。藤みたいにたらんとぶら下がるお花もいいですよね。

【豆知識】
ヨーロッパでは、常緑の冬蔦を家の壁にはわせると雷や魔よけになると言われていました。また、冬蔦は裕福な家の象徴で、これが急に枯れ落ちたりすると災難が起こるという迷信もあります。そのため、ヨーロッパには大きな石造りに蔦をはわせた家が多いのです。

All about 暮らしより

とのことでした。なるほど〜。

本日最後の一枚。青とベージュの雨避けテントが可愛いこぢんまりとしたお店。

以上、バーゼル市内をちょこっと散歩したの巻でした!

冬が来る前の、ちょっとした紅と黄金の色づきは儚げでとっても綺麗でした。

流れる雲と青空とのコントラストも美しいですね。

皆さんも紅葉を観にちょっと散歩してみてはいかがでしょうか☺️

🍁🍁🍁

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました