スポンサーリンク

西洋ごぼうのきんぴら。

SNSフォローボタン
スイス暮らし

こんにちは。

今日は天気が良く、スッキリと目覚めることができました!

曇りや雨の日は、いつもより長く寝てしまいがち….。睡眠の秋も絶賛楽しんでおります😪

アロマオイルなんかを焚いて寝てみようかなと思っています。

妹が職場で飼っているカエルちゃん。こっち見てる…!ちょっと肉がシャーレに乗っかっているのがこれまた可愛い。

さて、今回は西洋ごぼうレポです。

スポンサーリンク

西洋なごぼう!?

スイスに来てからというもの、私はあの食べ物が好きだったんだ…!というように、ありふれていて日本にいた頃には気づかなかった好物を再認識することがよくあります。納豆とか海藻とか梅干しとか……..。その一つに「ごぼう」があります。あの何とも言えない歯ごたえのある食感と香り。ずっとモグモグしていられますよね!「金平牛蒡」(漢字だとかっこいいな)なんて日本の家庭料理の代表格なのではないでしょうか(茨城の郷土料理だそう)!

とは言え、スイスで売っているはずもなく…。戦時中に弱り切ったアメリカ兵にゴボウをお出ししたら「木を食べさせた」として罰せられた、なんていうお話もあるくらいですし(真偽はわかりませぬが)、日本以外ではあまり食されないようですね。

「ああ、きんぴら食べたいなァ」と思いながらスーパーをふらついていると….

ゴボウなの……!?という野菜を発見!「Schwarzwurzel」との記載。うーん、黒い(シュバルツ)なんかだよな〜、確かに真っ黒だけどその何かがわからぬ〜。

やっぱ違うよなあ、と2、3度スルーしていたのですが、ゴボウである可能性にワンチャンかけて買ってみました。ひと束で5CHFくらいしたかな?お高めです。

ちなみに私の行きつけスーパーは地下にあるので、wifi圏外のためその場で調べられないのです…!いつも見た目で探そうとするので片栗粉を探すのに一苦労した覚えがあります(ドイツ語ver.をメモしてくればよかったと毎回思う)。

黒い土が周りに付着。サイズ感もゴボウ。家に帰って調べてみました!🕵️‍♀️

「schwarzwurzel」=「黒サルシファイ」西洋ごぼうとも呼ばれるそうです!

ロシアやヨーロッパでは定番の食材です。 牡蠣の風味があるちょっとレアなゴボウです。 オイスタープラントとも呼ばれます。 「サルシファイ」と「ブラックサルシファイ」は属が異なり全く違う植物です。 種子の形状もマニアックです。。。見た目はゴボウに似ていますが、ゴボウのような強い独特の香りはなく、セロリに似たさわやかな香りです。 ほんのり甘く、食感はアスパラに似ています。 外側の黒い容姿からは想像出来ませんが、根っこは白く、白いねばねばした液が出てきます。 切り口がすぐに変色するので、下ごしらえの時は、酢水やレモン水を使います。 若い葉っぱやとうだちした茎を食用にします。

Marche Aozoraより

ということでした!母に写真を送ったら「サルシファイだね」と返事が来たのでご存知の方も多いようですね。知らなんだ。フランス料理によく使われるようです。

日本でも栽培している方や種を販売している方がいらっしゃるようなので、ご興味のある方はぜひ試してみてください。タンポポのような可愛らしい花を咲かせるそうですよ〜!

次に調理方法を調べてみると…..

クリーム煮が人気のようです。オーブンで焼いたり….ヨーロッパらしいですね。

立派なお姿。私はきんぴらをどうしても食べたかったので、普段作るきんぴらと同じように調理することに。

皮をむいて酢水で酸化を防ぎます。剥いている途中からアクが出てきてペタペタするので水で流しながらササッと剥くのがgoodです。直ぐに色が変色するので酢水(またはレモン水)は予め用意することをオススメします!

生で食べてみたらシャキシャキとして美味しかったので、あまり火を通さない方が良いと判断し、人参を炒めたらザッと加えてササッと炒め、醤油で香りと味をつけました。砂糖やみりんで甘みをプラスしても良いのですが、甘い物を摂取した後だったので今回はノンシュガーで。金ごまの代わりに黒ごまでトッピング。不揃いな千切り御免。

肝心のお味はというと…..

ゴボウ独特の風味はしなかったのですが、言われなければわからないのでは…?くらいの西洋きんぴらゴボウになりました!どちらかというと湯がいた若いタケノコっぽい食感。クセがなくて食べやすかったです。ゴボウほど硬くもないため、顎関節症の私でも顎を傷めず噛めました(笑)

ひと束全部きんぴらにして、作りすぎたかと思いきや2人でペロリ!久々のきんぴら最高でした….!あれば鷹の爪や一味を加えてもいいですね。

茹でるとホワイトアスパラのような味になるらしいので、そちらも試してみたいところです!

ということで、今回は西洋ゴボウできんぴらを作ってみたお話でした。

おまけ

ヴィーガンお菓子コーナー(面白い材料やお菓子が売っているのでいつも興味津々)で見つけたクリームサンドクッキー。レモン風味のクリーム。ヴィーガンクリームは主にココナッツミルクを使うそうですよ。

お味はグリコの「ビスコ」と同じでした(笑)一気に懐かしい気分に。

結構大きいサイズ感のクッキーだったので一個でも十分なおやつになりました。パッケージングも可愛いのでお土産にいいかな〜と思ったけど、味はビスコだからなァ(笑)

お菓子作り用のヴィーガンパウダー(原料不明)も売っていたので、いつかヴィーガンなお菓子作りに挑戦してみたいなと思います!

それではまた。

コメント

  1. エリカ より:

    きんぴら美味しそうです~✨
    ゴボウ売ってないなぁと思ってました!買ってみます😁

    私はいまだにcoopで片栗粉を見つけられません…
    チーズコーナーも見たつもりなんですけど見落としてるんですかね😫

  2. opon opon より:

    ありがとうございます😊
    是非お試しください👍

    片栗粉はCoopにもよると思いますが、粉物コーナー(ナッツとかお菓子作りコーナーあたり)の一番上の棚にありました!じゃがいもスープの絵が書いてあるやつです!↓
    https://www.coop.ch/de/lebensmittel/vorraete/grundnahrungsmittel/paniermehl-saucenbinder/kartoffelstaerke/p/3030167

    ちょっと分かりづらいところにありますが、見つけられるといいです!🙏

  3. エリカ より:

    それは何て心強いのでしょう!笑

タイトルとURLをコピーしました