スポンサーリンク

刺繍枠をDIY!無地のトートバッグにチクチク。

SNSフォローボタン
スイス暮らし

こんにちは。

今回は憧れの刺繍に初チャレンジしてみたお話です!

刺繍の入ったお洋服などが大好きなのですが、自分で刺繍をするのは初めて。針仕事に憧れはあったのですが何せ不器用なもので中々手が出せずにいましたが思い立ったが吉日!と言うことでピンタレストで検索。

ナイキやアディタスなど、スポールブランドのロゴに刺繍を施した作品がとっても可愛かったので手始めに私もミズノの短パンにチクチクしてみました!

もともとロゴのMIZUNOがしっかりとした刺繍、かつ針を入れやすい素材なので刺繍枠なしでも割と簡単に刺すことができました。なかなか頭で思い描いたようにはならないものですが、、、割と気に入っています☺️

ちなみに刺繍糸はスーパーで売っていなかったので普通の糸と針を使用。糸が細いので時間はかかりますが意外と大丈夫でした。近くにある個人経営の手芸屋さんには入る勇気がないのです…(笑)日本だとふらふら〜っと気になったお店に入って何も買わずに出て行くこともできますが、こちらは入ったらすぐ「何をお探しですか(微笑み)?」と声をかけられてしまうし、お店も狭いのでドキドキしてしまうのです!

続いて無地のトートバック(ユニクロのを義母が送ってくれました)に刺繍することに。

が!!!当然刺繍枠などスーパーで手に入るはずもなく、DIYすることにしました。枠なしに一度はチャレンジしてみたものの、ハードルが高すぎました。

ネットで調べるとフォトフレームなどを代用している例などが見つかりましたが手元には無い。こんな時日本の百均ってほんと便利だな〜とつくづく思います。

あゝ…刺繍の本場といえばお隣のおフランスなのできっとスイスでも探せば素敵な道具が揃うはず(キラキラ)!と思っていた頃が懐かしい…

北欧や東欧のアンティーク雑貨も蚤の市なんかで(ワクワク)とこちらに来る前は妄想を膨らませていたものですが、人見知りなのをすっかり忘れていました(笑)

そんな話はさておき、セロハンテープの芯を利用する例も発見したので、同じようにちょうど良さげな円形のものを探して発見したのがロウソク用のアルミ缶。

底をハサミでくり抜いて、ダンボールで補強。セロハンテープでぐるぐる巻きに。

出来上がりました!

これにヘアゴムと画鋲を使って布をピンと張ります。

完璧には張れませんでしたがちょっとした刺繍には申し分ありませんでした。今回は太陽と月のモチーフをチクチク。

映画鑑賞しながらのんびり。途中でおやつ休憩も挟んで。黙々と刺していると色々な考えや煩悩が徐々に消えていって神道の言葉で言う「中今」を感じることができ、瞑想のような効果を得ることができます。

最近お気に入りのお菓子。スーパーで大量売り出ししていたので購入してみたのですが、エンゼルパイのような食感と酸味の効いたプラムのジャムがどストライクなお味。ジンジャーブレッドらしいのですがあまり生姜感はないかも…?パッケージングからも秋を感じます。

ということで今回は手作り刺繍枠で刺繍にチャレンジしたお話でした。

時間をかけてゆっくりと世界に一つだけのトートバックをチクチクしていきたいと思います。

おまけに先月撮った雷と大雨が過ぎ去った後の二重の虹。くっきりとした虹の上にうっすらともう一本の虹が架かっていました。色が反転するということを初めて知り、感動!

二重の虹はとても縁起がいいそうなのでみなさんにも幸運が訪れますように。

ぜひ身近なものを使って刺繍に挑戦してみてくださいね!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました