スポンサーリンク

1000円で始めるセルフジェルネイル/ピンク×桜(セリア商品)

SNSフォローボタン
スイス暮らし

Guten Tag! 自粛規制が強まる中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。アパートの窓から見える景色からは毎日緑が増える様子が伺えます。世界中の人間とは反対に自然は着々と活動を開始していますね。近くの公園に山桜がたくさん植えられているらしいので見に行ってみたかったのですが断念。4月下旬にはまだ咲いていたりするらしいですが、外出制限は果たして緩んでいるのかどうか。先が全く見えませんね。日本では学校が解禁された地域が多いようですが、重症化しやすい高齢者との接触を避けるよう、注意喚起が必要ですね。この恐ろしい日々が続かないことを祈ります。

さて、今回は籠城生活を少しでも楽しく過ごすためにジェルネイルを久々にやってみましたので、手順などをお伝えします!

スポンサーリンク

ジェルネイルとは

近年ではネイルサロン=ジェルネイルと思うほど、ジェルネイルが主流になっていますよね。ジェルネイルとは、紫外線(UV)あるいはLED で硬化するアクリル系樹脂(ジェル)を用いて爪の上に人工的な爪を形作るものです。2006年ごろから流行しているようですね。ジェルの種類にはハードまたはソフトの二種類があり、日本ではソフトが主流です。欧州ではハードジェルがメジャーなようですが、爪にかなり負担がかかるようなのでソフトの方が健康的かと思います。

ポリッシュマニキュアと比較すると、次のようなメリットがあります。

  • ツヤ感とぷっくりとした丸みを帯びた形状が出せる
  • UV/LEDで硬化しない限り、時間に制限なく塗布できる
  • 比較的長持ち
  • 独特のニオイがしない

一方でデメリットとしては

自爪を削ってジェルとの密着度を高めるため、自爪へのダメージが大きい

という点が挙げられます。また、除去する場合ですが、ハードジェルの場合は削る、ソフトジェルの場合はアセトン(除光液)を浸透させて柔らかくするという方法が採られます。

UVとLEDの違い

前述しましたように、ジェルを硬化させる際に用いる光には二種類あり、UVあるいはLEDです。それぞれ波長が異なる光です。ジェルが硬化する波長が異なるため、使い分けなくてはなりません。最近のジェルはUV、LEDのどちらにも対応していたり、ライトも両用のものがありますが「UVライトで硬化しなかった」という例もありますのでキッドなどを購入する際は注意する必要があります。また、LED硬化樹脂の方がUV硬化樹脂よりも硬化時間が短いという特徴を持ちます。

使用材料:合計約1000円!!!

ジェルネイル、憧れてはいたのですが自爪が綺麗じゃないからサロンに行くのは恥ずかしいし、何よりサロンに行けば数千円もかかるので中々行けずにおりました。セルフでするにしても、キッドを揃えるのにかなりかかりそうだし、自分で上手くやれる自信もないからやっぱりポリッシュネイルで我慢かなーと諦めていました。ところが、今はいい時代ですね、ご存知の方も多い方お思いますが、100均でジェルネイルが買えるんです!今回使用した材料はこちらです。

まず、Seria 購入品:ジェルネイル (トップコート、コーラル), マニキュア(ゴールド), ネイルシール,ノンアセトン(アセトン入りはジェルが溶けてしまうので注意)。そして、LEDライトがこちら↓(598円)

大きくてしっかりしたものが良い方はこちらもおすすめです↓(妹が使用しているのですが良さげです)

安すぎるので心配でしたが(笑)、海外へ持っていくにはサイズがちょうど良いかなと思い購入しました。実際、使い始めて半年くらい経ちますが今の所不備はありません(レビューを見た感じは当たり外れがありそうですが)。USB充電式なのでPCに接続しながら、スペースの狭い所でもネイルを楽しめるのでとても気に入っています。

というわけで、ジェルマニキュアとLEDライトを含めても合計約1000円でセルフジェルネイルをはじめることができました!!実際に全て1回で使い終えるわけではないですから、1回あたり100円くらいでしょうか、、素晴らしい!

手順:爪は削りません

0. 自爪のお手入れ(甘皮や爪の形を整える)←今回はしていませんので悪しからず(笑)
1. コーラルのジェルを爪の6割くらいに塗る
2. トップコートジェルで伸ばす(グラデーションをイメージ)←筆に色がつくので、紙などに拭き取ってから容器に戻してください。
3. 硬化する(20秒くらい、触ってもベタつかないことを確認)
4. 再びコーラルを爪先に塗り、トップコートジェルでグラデーションを作る
5. 硬化する(写真のように手で持って全体に当てる方が効率がいい)
6. 桜の花びらシールを貼り、ゴールドを散りばめる
7. トップコートジェルを全体に塗る
8. 硬化する
9. ノンアセトン除光液で未硬化ジェルを拭き取る

完成!

ちょっとグラデーションが足りなかった+自爪のお手入れを怠ったため、理想の仕上がりには達しませんでしたが、春らしいネイルができたと思います。やはりポリッシュネイルとではツヤ感とぷっくり感が違います。もっと爪の面積が大きいといいんだけどな〜。小さい頃から爪いじりをしていた報いですね(妹と母は爪の形が綺麗)。

ジェルネイルの持ち

2、3回の薄塗りだと2週間ほど持ちました。サロンだと1ヶ月くらいですから、少し短いです。ただ、自爪を削っていないので、ジェルの密着度が低い、且つその間お風呂も水仕事も全部そのままでした(笑)手袋をしたりすればもうちょっと寿命は長いと思います。

剥がし方

アセトン除光液で柔らかくしてから剥がしてください。時間が経つと剥がれてきたり、欠けたりするので私はそのまま剥がしちゃうこともあります(笑)

まとめ

セルフジェルネイルを費用を抑えながら行ってみた感想をまとめてみました。

今回のジェルの他にもセリアのジェルはほぼ全色持っている、且つ使用したのですが、セリアのジェルには以下の良い点、悪い点があります。(※個人的な感想ですので相違がある可能性があります)

良い点

  • カラージェルは全て硬化する(未硬化ジェルなし)
  • ジェルが柔らかいのでとても塗りやすい(初心者向き)
  • 筆付きなのでポリッシュのように楽しめる

悪い点

  • トップコートジェルはベタつく(未硬化ジェルあり)
  • カラーバリエーションが少ない(混ぜれば作れるが、ゴールドとかキラキラ系が無い)
  • 細かいアートは専用の筆がないとできない。

  

カラージェルに関してはツヤ感もとてもよく、ジェルが柔らかいので厚塗りする心配もありませんでしたし、一回の硬化でしっかりと固まるので拭き取る手間もありませんでした。私はシールなど装飾をしないときはトップコートを塗らないときもあります。ただ、シールをよりリアルにするために、且つ剥がれにくくするためにはトップコート必須なのですが、セリアのトップジェルは未硬化ジェルが出て結構ベタつきます。たまに拭き取るとくすんでしまう場合もあるので気になる場合は他のメーカー品を買うことをお勧めします。やはり高いジェルはその分、ガラスのような美しさを出してくれたりしますからね!

私は細かいアートは苦手なのでシールなどで代用しています。ジェルだと埋め込まれるのでシール感がかなり軽減されます!

また、カラーの種類があまり無いと書きましたが、今回のようにポリッシュと併せて使うとデザインの幅も広がります!

注意点

*ジェルを厚塗りすると、硬化しにくく且つ剥がれやすくなるので、単色の場合でも「薄く塗って硬化する」を数回繰り返してください。

ジェルはポリッシュと違い、時間に追われないのが最大の魅力かなーと思います。硬化していないときは拭き取るだけで修正可能なのがいいですよね。

以上、セルフジェルネイルのレポート日記でした。皆さんもぜひ試してみてください!それではまた。

おまけ:自作のネイルチップ

装飾品を使うと華やかになります。シェルを通とキラメキ感が、パールやゴールド金具を使うとリッチ感が出ます。友人の結婚式ではブルーベースのネイルチップを使いました!慣れてくると趣味の一つになりとても楽しいです(一時期メルカリにて最低価格の300円で売っていました)。

スイスにはちょっとした道具しか持ってこなかったので上記のようなデザインネイルはできませんし、もちろん100均も存在しないのでシンプルなジェルネイルを楽しんでいきたいと思います!

チューーーーーース!

コメント

タイトルとURLをコピーしました