スポンサーリンク

3ヶ月の船旅を経た実家からの仕送り【日本から海外へ荷物を送る方法】

SNSフォローボタン
スイス暮らし

グーテンタグ!ついに夫も自宅待機が命じられ1ヶ月間の籠城生活がはじまりました。夫は実験室がないと実質活動できないので、ペーパーワークだけでは中々辛いものがあるようです。反対にオフィスワークの方々からは労働時間の短縮という利点が大きすぎる!との声が多く聞かれます。このコロナ危機を機に働き方改革に拍車がかかるといいですね。

さて今回は実家からの仕送りについてのお話です。

スポンサーリンク

国際スピード郵便 (EMS)

日本から海外に荷物を送る方法としては主に国際スピード郵便 (EMS)あるいは船便が挙げられます。前者はスピード郵便と謳うだけあってとても早いです。先日紹介したプラズマクラスターは4日で届きました。

ただし、航空便であるが故に荷物の規制があります。そのリストがこちらです。

基本的に人間が機内に持ち込めないものと同じで、液体と可燃物はNGなようです。お茶や水はいいのかな?いずれにしても全て記載しなければならないのでNGなものは受付で弾かれます。

送料と配送日数の違い

こちらも郵便局のHPにて調べることが出来ます。例えば【東京~スイス, 小包1000グラム】の条件だと

という計算結果になりました。うーん、やはりEMSは早い分高いですよね。一時期メルカリで中古品や自作のネイルチップを販売していたのですが(メルカリは海外では出来ない)、送料でほぼほぼ持っていかれていたことを思い出します(笑)船便はというと、送料はお安いのですがお届け日数は未定になっていますよね。当たり前ですが複数の国と地域を経由してくるので数ヶ月単位でかかると考えた方が良いと思います。また、関税が別途かかりますので要注意です!

仕送りの中身は

不在票を受けて郵便局に取りに行きました。郵便を受け取る際は身分証明書 (ID発行待ちの時はパスポート)とサインが必要です。今回送っていただいたのは

  • 簡易ラーメン(5個入り×3袋)
  • 紀州梅
  • 味噌汁とお徳用の具
  • ラーメン制作キット
  • 海苔×2袋
  • 柿ピー、ばかうけ

どうしても梅干が食べたくてリクエストしていたのですが他にもたくさん送ってくれました。どれもこちらでは手に入らないので本当に嬉しかったです。あっとゆう間になくなりますが(笑)内容的には航空便でも送れる(ラーメンの液体スープは怪しい)のですが、今回は試しに船便で送ってくれました。送料は6000円分の中身に対して4000円。 高すぎます、、。しかし関税ってちょっと不当なんじゃないかとすら思ってしまいますよね。船便の場合追跡不可なようで発送日から3ヶ月、音沙汰もないまま諦めかけていた頃、しかも私の誕生日に届いたのでとても驚きました。郵便局の方からはコロナで遅れているから2、3ヶ月はかかるよ〜と言われていたそうなので妥当な時期ではありましたが(お母さん教えてよ(笑)!)

というわけで実家から長旅を経て届いた愛すべき食料品の数々、「よく来たね、ありがとうございます」と声をかけてから美味しくいただいております。

おまけ話①ラーメンキッドがとても優秀

こちら、不動技研 電子レンジで調理 ラーメン(袋麺専用) で、似たような商品が100均でも売られているようです。

①切った野菜を下に敷く→②乾麺と水を入れる→③600Wで約3分間→④最後にスープを加える

一つの容器で全て完結してしまうので本当に楽でした。野菜は最初にチンして熱を通しておくと良いと思います。玉ねぎが辛すぎて心臓が痛くなりました(笑)。

おまけ話②梅干しらしきものを発見!?

私は大の梅干し好きで、歯が溶けて痛くなるほど食べてしまいます(笑)梅干し抜きには生きてゆけません。しかしスイスでは中々手に入りません。バーゼル駅の近くにある1番大きなアジアンショップでも取り扱いはなく、どうやらチューリッヒの日本食品店では手に入るようでした。しかし、最近近所のタイ料理屋さん兼アジアンショップに行ったところ、梅干しらしきものを発見したのです。それがこちら

酸梅子と記載されています。原産国は香港。信用できそうと思い、早速買ってみました。お値段は日本円にして500円くらい。果たしてお味は、

しょっぱい!!!!!!

それもそのはず、原料は梅と塩水のみ。酸っぱいというよりしょっぱい、しょっぱすぎる。おじいちゃんの漬けた梅干も塩が吹き出るくらいしょっぱかったけど、それでも梅酢の旨みを感じられました。これはひたすらに塩辛い。そこで、水に一晩つけた後に蜂蜜漬けをすること1週間。なんとか本来の梅の味を取り戻すことができました。食べた次の日の顔はすごく浮腫んでしまいましたが(笑)台湾の方はどのようにして食べるのか気になるところです。

ちなみにタイ料理はとても美味しくて、いつも昼間は大賑わいしています。タイ人のおばちゃんも優しい方でお釣りがない時は大目に返してくれます(笑)是非お立ち寄り下さい。おてもとは世界中で大活躍している模様。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました