スポンサーリンク

押しハム寿司、作ってみました。【専用型不使用、10分で簡単押し寿司】

SNSフォローボタン
食事と料理

こんにちは。コロナウイルスの影響で夫の大学でもついにオンライン授業に切り替わりました。また、ドイツとの国境も閉鎖ということで欧州ではこれからが正念場になってくるようです。さて、スイスに来てからというもの日本食が恋しくて恋しくてたまらないです。野菜一つとっても日本の食材って本当に美味しいんだなと日々実感しています。生産者の方々の努力に感謝です。もちろんスイスならではのチーズやチョコレート、ヨーグルトはとても美味しいのでありがたき幸せです。

特に、売っている魚の種類が圧倒的に少ないです。生魚で目にするのはサーモンと巨大な白身魚くらいで他はあまり見かけませんし、もちろん干物は売っていません。エビとカニカマ、冷凍イカは発見していますが他は専門店に行かないと揃わないと思います。やはり海なし国だと魚の流通には限りがあるようですね。また、お寿司屋さんは目ん玉が飛び出るほど高いのでおそらく行く機会はないかと思われます、、、。実はスイスのスーパーでもお寿司コーナーがあり、手巻き寿司等売られているのですが(一人前700円くらい)、具はどれもサーモンです(笑)

というわけで、魚は諦めることにして今回は鱒寿司ならぬ「ハム寿司」を作ってみました!押し寿司、美味しいですよね。素材は同じなのに握りとはまた違った重厚感のある味わいがたまりません。材料はこちら(白米2合、米酢、塩、砂糖、ハム)

米酢はヨーロッパでは使われておらず、アジア食品として売られていました。しかしながら中国製。「ZENBU」というブランドで醤油やガリ、わさびなどを展開しており日本の「美味しい」はこうやってちょっと違う味になって伝わってしまうのかとついがっかりしてしまいます。ハムやソーセージは生肉に比べると比較的安く売っている上に種類も豊富で美味しいので重宝しています。今回しよう下はむはハーブが練りこまれていました(カビに見える(笑))

スポンサーリンク

10分で完成の簡単レシピ(炊飯時間は除く)

Youtube版はこちらです↓

HAM SUSHI Recipe (Pressed Sushi) ハム押し寿司の作り方 in Swiss🇨🇭

下準備

  1. 寿司酢作り:お好きな配合でお酢、砂糖、塩を混ぜる。目安(お米2合に対し米酢大さじ4、砂糖大さじ2、塩小さじ2)
  2. 酢飯作り:熱々のご飯に寿司酢を加え切るようにかき混ぜる。

手順

  1. 型に大きめにラップを敷く(型は平底が好ましい)。
  2. 型底にハムを敷く。
  3. 酢飯を押しつぶしながら敷き詰める。
  4. ラップを閉じ、手でギュウギュウと押さえつける。

押しハム寿司完成!

DCIM\100GOPRO\GOPR0064.JPG

今日の夕ご飯は奮発して鱒寿司よ〜と刷り込んだ上で見れば、一瞬鱒寿司に見えなくもなくもありません(笑)このままでも美味しいですが、わさび醤油につけて食べると格段に美味しくいただくことがで来ました。二人で2合分をぺろっと平らげてしました。ハムの層を三重くらいに厚くした方がよりいい仕上がりだったと思います。ピクルスなどを挟んだりトッピングしてもいいですね。

今回は押しハム寿司のご紹介でした。是非お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました