スポンサーリンク

スイスでラーメンを食す。お値段はいかに?

SNSフォローボタン
スイス暮らし

Guten Tag! 12月も中旬に入り、2019年も残すところ3週間になりましたね。みなさんにとって2019年はどんな一年だったでしょうか?聞けば、2018, 2019年と言うのはスピリチュアル的に大変動が起きる年なのだそうです。この2年間にやりたいなーと思っていたことを実行すると上手くいくのだとか。残り3週間、まだ駆け込み乗車ができそうです。そこで私はYouTubeを先日から始めました(追記:半年で放置してしまいました笑、でもチャレンジが大事ですよね)!

それはさておき、スイスに来て以来、日本食の恋しいことと言ったら、、、。日本の調味料(さしすせそ)はほとんど近所のスーパーで揃えられますし、アジア食料品店に行けば日本から輸入した海苔やせんべい、お好み焼き粉まで買うことができます。なので我が家では晩御飯はほぼ毎日日本食を食べております。もちろん無い物も多く、大の梅干し好きの私は梅干難に苦しんでおります。

現在、週に1回夫とドイツ語教室に通っています。トラムに乗って少し街の中に出て行くのですが、その帰りに外食をすることが最近の楽しみになっています。毎日日本食に触れているにも関わらず、「何食べる?」「ラーメン」「よしいくぞ」と秒で決まりました。そこで今回は駅の近くにあるラーメン屋さんにいくことにしました。

店内は30人ほど入るスペースがあり、ほぼ満席。メニューはと言うと、

結構な種類がありました!札幌ラーメンから影響を受けているそうです。確かに全てのメニューにコーンがのっています….。

塩、醤油、味噌、辛味噌の中からベースを選び、さらに好きな種類のラーメンを選ぶと言うシステムでした。私は味噌✖️シーフード、夫は味噌✖️チャーシューを注文しました。

スポンサーリンク

果たしてお味はいかに?

味噌✖️シーフード

こちらは私が注文したシーフードです。見た目はさて置き、お味はと言いますと星2 (星5中)でした。アルプスの山々に隔てられた海なし国のスイスでシーフードをチョイスする私のセンスもなかなかですが、全体的に味に深みを感じられませんでした。お出汁の取り方が何か日本とは違うのだと思います。また、スイスのお野菜は日本とは全く違います。人参一つとっても味が違うのです。こちらのお野菜は圧倒的に甘みと水気が少ないです。それゆえに出汁の旨味も違ってくるのかなと思いました。麺はコシのある細麺で、美味しかったです。

とは言え、実はこのラーメンを食べる前の週にも他のお寿司屋さんでラーメンをいただきました(お寿司は一人前5千円弱と高すぎて断念しました)。その時のラーメンは、味がお湯と等しいくらいに薄く、大変失礼ですがラーメンと呼べるものではありませんでした。そのラーメンと比較すると、とても美味しく感じました。日本でもラーメン店って美味しい、美味しくないがはっきり分かれると思いますが、スイスでもまた然りだと言うことを実感しました。

味噌✖️チャーシュー

夫と同じ味を頼んでしまったので、他のお味はわからないのですが、夫の評価は星2.5でした。何を食べても美味しいはずの夫なのでちょっと驚きでした笑。

お値段は、、、

シーフード……..24.5 CHF

チャーシュー……..23.5 CHF

でした。二人合わせて5千円弱です。た、た、高すぎる。スイスは物価が高いと言いますが外食となると、途端に跳ね上がります。とは言え懐かしいお味を食べることができて、お腹いっぱい、満足しました。何より、日本の食文化を表現していただけるのはやはり嬉しいことです。ご馳走さまでした。

これからも色々なお店にチャレンジしてみたいと思います!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました