スポンサーリンク

夫の寝言

SNSフォローボタン
スイス暮らし

Guten Tag! みなさんは夢を見ますか?私は毎日悪夢というか、奇妙な夢を見ます。夢を見ているときはあの世とつながっているときと言われることもありますが、私の見ている夢がもし天国だったらうーーーーん、ちょっとがっかりしてしまいます。

スイスに来てからは慣れない生活への不安からか、いつもに増して「世にも奇妙な物語」のような夢を見ては深夜に叫んで起きることがしばしばあります。壁の薄いアパートなので隣の人を起こしてしまわないかとても心配であります。

一方で、先日は大好きなおばあちゃんが枕元に立ってくれました。ティファニーブルーの綺麗で上品なジャケットに、淡いグレーのスラックスを履いてニコニコしていました。生前は派手な格好をするのは恥ずかしいからと明るい色は着ない祖母でしたが、あちらの世界では好きなファッションを楽しめているようでとても嬉しかったです。また、その翌日には綺麗な声で歌も聞かせてくれました。子守唄のような、初めて聞くはずなのに懐かしい気持ちになる歌でした。「ばあちゃん歳とってしまって、もう声でねのよー。」と言いながらも童謡を懐かしそうに歌っていた様子が思い出されました。この時ばかりは天国とつながったように思いました。

と言うわけで、夢を見ない日は1日もない私なのですが、そんな私とは正反対なのが夫です。私が叫ぼうがトイレに4回起きようが、誤ってふんづけようがお構いなしにスヤスヤしているのです。

そこで、夢を見るのか聞いてみたところ「全然みないなあ」とのことでした。さぞかし熟睡しているんだろうなあ、羨ましいと思って床に入ったその日の夜。私は寝付けなかったので本を読んでいました。すると夜中に夫が

今日も最高な1日だったーーーー(満面の笑み)

と言いながらニヤついていたのです。

夢見るやんけプラスどんないい夢見とんねん。

思考は実現すると言いますよね。私も夢はコントロールできずとも、起きている間くらい「今日も最高な1日だったー」と自分に言い聞かせるようにしようと思ったこの頃でした。

最後に

私が住んでいるアパートは騒音がすごいです。夜中の3時に平気で陽気な音楽を爆音で鳴らすし、廊下で大声で歌います。最初はちょっと迷惑、と言うより狂気を感じました。でもそれって、とても幸せなことだなと思いました。人様に迷惑をかけてはいけない、をあまりにも気にしてしまうと、時に他人にも自分にも批判的になってしまいます。少し考えをプラスにする習慣をつけたら周りの世界もポジティブに捉えられるようになってきました。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました