スポンサーリンク

イチオシのNetflix映画6選!【アクション・サスペンス編】

SNSフォローボタン
暮らしと色々

こんにちは!おぽんです。私はヘビーNetflixユーザーです。ですが、時々何を選ればいいか分からなくなりますよね笑。そんな方のために、完全なる私の主観で決めたオススメのNetflixで視聴可能な映画をとりあえずは6本、紹介したいと思います!今回はサスペンス編です!どの映画も一瞬たりとも目を離すことのできない映画ですよ。ちなみに、イラストは私がササッと描いております!

スポンサーリンク

THE DEPARTED(ディパーテッド)

香港映画『インファナル・アフェア』をリメイクしたアクションサスペンスです。レオナルド・ディカプリオ演じるマフィアに潜入した警察官と、マット・デイモン演じる警察に潜入したマフィアの死闘がスリリングに描かれています。「羊たちの沈黙」で有名な名優ジャック・ニコルソンがマフィアのボス役で脇を固めた最強のキャスティングです!ボストンを舞台に描かれた本作は、スコセッシ監督らしいバイオレンスシーンと、敵対組織に潜入した男ふたりの心理描写に注目です。

オリジナルの「インファナル・アフェア」は日本でも香川照之と西島英俊主演による「ダブルフェイス」としてリメイクされています。こちらはテレビドラマでしたがとても面白かったです。小日向文世演じる組長の恐ろしさと言ったら…ジャックニコルソンより恐かったかもしれません笑

タイトルである「the departed」は直訳すると「故人、死者」です。映画のタイトルって、鑑賞後に初めて意味を解することが多々ありますよね。

INCEPTION (インセプション)

クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑んだ超大作です。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描きます。主役を務めるのはこれまたレオナルド・ディカプリオ。物語のキーマンとなる重要な役どころを我らが渡辺謙が好演しています。斬新なストーリー展開と、圧巻の映像美&世界観に引き込まれること間違いなし!

夢から覚めたらまだ夢の中だった、というのはよく描写されますよね。本作はそれとは全く異質の者ですが、「夢の階層構造」というアイデアから生まれてた映画です。ロマンティックな響きに聞こえますがそんな甘いものではありません笑。とはいえ夢が現実だったら、なんて思うことありますよね。私も夢の中で潜在意識に強い自己肯定感を植え付けて欲しいものです笑

最後のシーンは色々な解釈があるようです。

THE REVENANT(レヴェナント:蘇えりし者)


狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンター(またまたレオナルド・D)が、愛する息子を殺された復習を果たすために壮絶なサバイバルを繰り広げるさまが描かれています。主人公の宿敵には、『インセプション』でディカプリオと共演しているトム・ハーディ。オスカー常連のカメラマン、エマニュエル・ルベツキが自然光のみで撮り上げた臨場感あふれる映像にも注目です。

この映画を観ようと思ったのは「 自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐するために」という解説を読んだときにそれは悲しいけど、そんなに怒る??と思ったからです笑。実際は息子への壮大な愛でした。実在した男をモチーフにしているそうですが、こんな時代があったのかと驚くサバイバルぶりでした。私は、何よりも自然の美しさに圧倒されました。

解説文変えた方がいいのでは笑

THE PLACE BEYOND THE PINES(プレイス ビヨンド ザ パインズ/宿命)

次に紹介する『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングが再タッグを果たした人間ドラマ。妻子を養うため犯罪に手を染めるバイクレーサーと彼を追う野心的な警官をめぐる因果が、15年後の彼らの息子たちへと世代を超えて引き継がれていくさまが描かれています。『世界にひとつのプレイブック』などのブラッドリー・クーパーの好演も見逃せません!

ホンダのXR650Rに乗るライアン扮するルークがとにかくかっこいいです。移動式遊園地のスターパフォーマーとして働いていたルークですが、球上の鉄格子の中でグルグルと廻っているシーンはエキサイティングです!なんと、スタントではないというのに驚きです。

タイトルは直訳すると「松林の向こうに」です。バイオレンス度も高めですが、同時にヒューマニティ溢れる映画でもあります。

Blue Valentine(ブルーバレンタイン)こちらはラブストーリーです笑

あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭やカンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。ラブストーリーとはいえ、壊れかけた夫婦にはライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが扮しており、暴力的な描写もあります。監督のデレク・シアンフランスは本作の脚本を10年かけて完成させたそうです。愛が終わる痛みを巧みな演出で紡いだ切ないストーリー。

終わりを迎える夫婦生活から出会った頃の甘い生活までがカットバックで描かれています。だからこそとてつもない切なさが迫ってきました。愛って時には単純ですが、時に複雑で、暴力で故に無力だと感じることがあります。

夫婦の形って互いの人生のよきパートナーになれたら一番なんですけど、そうもいかないのが人生ですよね笑

Drive (ドライヴ)

スタントマンと逃がし屋の二つの顔を持つドライバーの姿をクールに描き、数々の評論家の称賛を浴びたクライム・サスペンス。昼と夜では別の世界に生きる孤独な男が、ある女性への愛のために危険な抗争へと突き進んでいきます。監督ニコラス・ウィンディング・レフンは、本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。三度目の正直、ライアン・ゴズリングと、『17歳の肖像』のキャリー・マリガンが出演しています。緊迫感あふれるバイオレンスとジェットコースターのような展開から目が離せない作品となっています。

ライアン・ゴズリングは、「The place beyond the pines」でもそうですが乗り物がよく似合いますね。寡黙でアウトローなライダー、憧れます。

ばれたと思いますが…

そうです、何を隠そう、ライアン・ゴズリングが大好きなんです笑。まだ彼の出演作品を全部観ることは出来ていませんが、とにかく高い演技力と何か秘めていそうなミステリアスな雰囲気に引き込まれます!!ラブストーリー好きな方は「きみに読む物語」「ララ・ランド」はマストウォッチングです!!!ちなみにレオナルド・ディカプリオはたまたまなのですが、俳優縛りで観ていくのも楽しいと思います!

何を観ればいいの?と言う方、是非上記6作品をご鑑賞下さい!また、オススメの映画、教えて下さい。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました